マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ18号
ちょっと早めに更新してみました。

ジャンプ18号の感想です。


ONE PIECE #537
 カラーのロビンが妙に可愛い。

 そして一コマ目のナミの首がなんか変だ。ペン入れ時に線を間違えた?
 それはともかくハンニャバルがどのようにやられたかの種明かし。こんな感じでギャグ調に使われてるけど、実際凶悪な能力だよなあ。バジリスクでも変装できる能力者が一番活躍してましたしね。

 力尽きたルフィとボンちゃんか運ばれたのは、インペルダウンの中に作られた囚人たちのアジトでした。うーん、敵組織内にこっそりアジトを作るという秘密基地感は楽しいんだけど、なんかインペルダウンの格が落ちた感じもあります。最初は凄い恐ろしい施設みたいな感じだったのに、実のところ囚人たちにかなりの勝手を許してしまってるわけですね。しかし海底に存在するインペルダウンの限られた空間の中に、これほどの余分なスペースが存在しているわけもないし、この空間自体イワさんの能力なんでしょうか。そのほかにもまばたきで攻撃したり性転換したり「奇跡の人」の名前の通り、単なる一つの能力を持った能力者ってわけでもなさそうです。

二人の友情が道を切り開いたというのは少年漫画として正しい展開ですね。ボンちゃんに出会えてよかった!


BLEACH #354
虚化一護、ウルキオラを圧倒!
今週は、一方的にやられながら自我のない相手に必死で反論し結局なす術もなくやられていくウルキオラに萌える回でした。滑稽である自覚はあるみたいでしたが。
ウルキオラってなんか無理に背伸びしてる感じがするなー。FF7のレッドXIIIみたいに。実は相当おしゃべりだよね。


ベルゼばぶ #6
令呪ですね、わかります。


SKET DANCE #83
 …えらく重いな。単に事故で死んだってんならまだしも、茜ママが事故に関わってたってのがなあ。たとえ過失は無いにしても、やっぱり負い目やしこりが残る形ですね。
 そして更なる衝撃的事実があるとな。両親が死んだ状態でに更に何があるんだろう。妹の生まれに関することか、詳細のわからない父親の死因に関することかな。


フープメン #5
 小牟田が普通に良い奴でした。初登場時のヤな奴っぷりはどこに行ったんだ…。初対面の人間にいきなり蹴りいれて悪びれないような奴を良い奴とは言いづらいですね。
 たぶん彼はその場の状況やテンションで性格が大きく変わるような人間なんでしょう。普段は結構いい奴だけど、友達とふざけあっててちょっと悪ぶってるときのテンションだったらああいう行動をとることもあるということなんですかね。そういう人は居なくもないですしね。好きにはなれないですけど。


サイレン #64
 10年後のエルモア・ウッドの子供たち登場!そういう展開もあるのか!
 死ぬはずだった彼らが生き残り、まずは第一段階クリアといったところでしょうか。ということはエルモアばあちゃんは生き残ったのかな。

 今までの未来世界は、DVDから察するにエルモア・ウッド全滅ルートの未来世界でした。しかし今回は彼らが生存するルート、すなわち今までの未来世界とは確実に異なる世界です。それでもドルキさんがアゲハに負けたイベントはちゃんと共通して起こってるわけで、なんだかよくわかんないですね。まあ時間移動系の話ではこういうよくわからん事態や矛盾が多く発生するので、寛容に解釈するのが正しい楽しみ方ですが。


バクマン。#31
 結局KOOGYは出オチキャラでしたね。


ネウロ #199
 シックス、自らの悪意をぶつけられ、散る。絵的にもテーマ的にもとても映える締め方でした。

 シックスは結局非常に小物化してしまいました。ここらへん賛否両論ありそうな感じです。ただただ悪意のみをもつ新たな生物、という存在ならば、もうちょっと威厳を保って欲しかった気もするんですが…。でも松井先生的には、シックスは救いようもない究極の悪役、という立ち位置だったんでしょう。真の悪役というものは同情する要素も憧れる要素もない、最悪の存在である、みたいな美学が感じられる気もします。

 死を覚悟して海へ落ちていくネウロが、自らの思いに疑問を抱くシーンはとても感慨深いものがあります。「考えること」を何よりも神聖視するネウロが「考えても意味が無い」と結論付けること、このモノローグになんだか深い意味を感じてしまいます。「生きることを放棄するのか」と問いかける声は、初めて考えることを放棄したネウロへの戒めのようにも聞こえます。

 さて、その人間により救われたネウロですが、このまま生存するのでしょうか。生き残るにしても、もう魔界に帰っちゃう可能性も大いにあり得ます。ネウロに問いかける謎の声、という新たな伏線も出てきたし、来週以降どう展開するのか要注目です。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2009/03/31(火) 00:07)

<<CX1 | ホーム | 週刊少年ジャンプ17号感想>>

コメント
 
カラフジカルって何ジャンルになるの?
ジャガーもたまにああいう感じのときあるよね
コージィ先生の次回作に期待
URL | たかしマン #UIFGtvmw | 2009/03/31(火) 04:18 [ 編集 ]

 
ジャンルは塗り絵かな。
あれでどう漫画として成り立たせてるかとても読みたいです。
URL | 機織 #- | 2009/04/02(木) 22:14 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/175-87576db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。