マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ついでにイラストも
Iduna&Shino


上図は「フフ……いいわねあなたは。出番がたくさんあって…」
てな感じのシノ姉。ほんと活躍しないんだ、この人。

スポンサーサイト
イラスト | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/06/30(金) 08:00)

 『降魔霊符伝イヅナ』プレイ中
『降魔霊符伝イヅナ』

十日ほど前に買ってからぼちぼちプレイしています。

 ダンジョンゲー好きとしての義務感(?)で買ったようなものでしたが、思いのほか面白い。
 レベル固定、戦闘は基本的に殴り合いが主体、満腹度なし等ゲームシステムとしてはヌルい感じだけど、敵がかなり強く設定されてるので退屈しません。武具を鍛えるのにもそれなりの手間と金がかかってやりがいがあったり。

 まあこれらの点は欠点にもなりうるんですが。敵が強い割りにその対処法がレベル上げや武具の強化しかなかったり、武具の強化に金や手間がかかりすぎたり。
 その他にも、太刀に貼れる霊符の数が少なすぎるとかそもそも爪の存在自体が中途半端だとかキャラクターが多い割りにそれぞれを生かせてないとか細かい不満点をあげればキリがないけど、まあ、『ゲームにつきものの不満点』レベルかな。

 レベル固定だからストーリーモードのダンジョンは初めのうちしか楽しめないし、まあシレンシリーズのように1000回遊べるような作品ではないですが、一通りクリアするぶんには結構楽しめる作品かと。Lv.1ダンジョンだってあるみたいですしね。

 それにしてもシノ姉、あなたの存在意義は一体どこに…。


ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/27(火) 03:04)

 デスノート劇場版感想(※『続きを読む』以降ネタバレ有り)
 映画『DEATH NOTE』を観てきました。
 評判としては賛否両論な感じの本作ですが、結果から申しますと、

面 白 か っ た !

 いやあ、思ってた以上に面白いじゃないですか。前半部分、微妙に間延びしてて退屈に感じられましたが、後半からラストにかけてが熱かった!何というか、キレイに『オチた』感じです。
 原作漫画は、一つ一つのエピソードはよく練られていて完成度が高いけど、全体の流れとしてはかなり行き当たりばったりなところがありました。これでストーリーもまとまっていたらもっと面白いだろうにと常々思っていたので、それをやってくれそうな劇場版、後編にも期待です。

 演技も良かったですね。L、ミサ、ワタリはかなり再現度が高かった。特にワタリ。
ライトはイメージは結構違いますが、「死神以上に死神らしい犯罪者」の役としてはぴったりでした。
 リュークも声、動き共に演技が良かったなー。あと捜査本部の松田っぽい人がかなり松田っぽかった。あれ松田だよね?(顔が判別できず)

 不満点としては、前述したとおり前半がちょっと退屈だったことと、あと原作漫画の見所でもある、膨大な量の心理描写がカットされてしまってることですかね。
 後者は映画という媒体の性質上しょうがないことではあるんですが。今回の前編ではあまり問題にはならなかったけど、後編ではよりいっそう心理戦が増えそうなのでちょっと心配。まあ、制作者側もそれを自覚して、魅せ方の方向性を映画向けに修正してきたような印象をうけたので大丈夫かなとも思います。

 うん、総評として、漫画の実写化としてはかなりの良作なんじゃないでしょうか。原作をただなぞったりはせず、ちゃんと映画向けに変更してくるあたり好印象。その変更の仕方も『あーちゃんと原作読み込んでるなー』と納得できるものでした。デスノートの使い方とか原作以上に巧みだし。原作ファンがにやりと出来るようなネタも各所に仕込んであって、なかなか楽しめる作品に仕上がってましたよ。
 これは後編も観に行かなければ!いつの間にか公開が11月に延びちゃってたけど楽しみにしときます。

※以降ちょっとネタバレ感想。

[デスノート劇場版感想(※『続きを読む』以降ネタバレ有り)]の続きを読む
漫画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/26(月) 01:43)

 週刊少年ジャンプ29号感想
今週は何とか早めに仕上げられました。
しかし最近のエントリーはジャンプ感想ばっかですね。そろそろたまった漫画感想を消化します。
あとイヅナの感想も。


[週刊少年ジャンプ29号感想]の続きを読む
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/22(木) 15:29)

 週刊少年ジャンプ28号感想
 先週も、締め切り前にならないと動かざること山の如し、てな感じで、そうなるとやっぱりブログに人の来ざること林の如し、てな感じになるわけです。今週からは心を入れ替えて、風の如く更新を疾くしよう、そう決意した次第です。

あー、でも例のゲーム結局買っちゃったんですよねー。日常を火の如く侵略されそうで怖い。

というわけでかなり中途半端なWJ28号感想です。後々書き足すかも…。
今号はとらぶるが素晴らしかった!(感想書いてないけど…)


[週刊少年ジャンプ28号感想]の続きを読む
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/06/19(月) 07:39)

 週刊少年ジャンプ27号感想
書いてたら寝オチしちゃいまして、ついに究極の翌週月朝更新。
これを体験すれば、もう怖いものは何もないぜ!

[週刊少年ジャンプ27号感想]の続きを読む
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/12(月) 08:35)

 ダンジョンについて語ってみる/イヅナ発売
今現在、僕は三月に一回のペースで訪れる「ダンジョンゲームやりたい周期」の真っ最中でして、けっこう暇だったにもかかわらず、建設的なことは何もやらずに今週を終えようとしています。

やー、だってGB2シレンとアスカ見参が面白いんですもん。
改めて思いました。数あるダンジョンゲームのなかでも、シレンのブランドを冠したものは別格だと。

別に信者だからこう言っているわけじゃなくて(ちょっとはあるけど)、純粋に作品としての完成度が違うんですよねー。


[ダンジョンについて語ってみる/イヅナ発売]の続きを読む
ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/06/09(金) 00:27)

 かまいたちの夜×3(トリプル)
1ではその面白さに感動し、2で激しく失望したクチですが、下のインタビュー記事を読んでたらなんだか3がやりたくなってきてしまいました。

『かまいたちの夜×3』について我孫子武丸が語る!

本格ミステリだった1と比べて、2がなぜもああかけ離れた作品に仕上がっていたのかも、この記事を読むと得心がいきますね。要は制作者側の作品コンセプトと、プレイヤーの受け取り方が違ったと。

たしかに1はマルチストーリーのビジュアルノベルの先駆けだったけど、2の時点ではこのジャンルの作品って掃いて捨てるほどあるんだから、それをコンセプトにするのはいかがなものか。つーかメインシナリオを中途半端にミステリにするからいかんのですよ。なんだあのトリック。高度なギャグか。

っといかんいかん、2の悪口だといくらでも言えてしまいそうだ。要は1が好きだったファンを見事に引き込むこのインタビュー記事は巧いな、ってことです。
あと、悪口を事細かに書ける程度には、僕も2を楽しんでいたんだなあと思い知りました。

ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/03(土) 13:29)

 週刊少年ジャンプ26号感想
やった、何とか予告した日時の一日遅れでアップできたぞ!
今はもう木曜日という指摘もあるかもしれませんが、僕的にはまだまだ水曜日です。眠らなければ日付は変わらないのです。

そんな感じのジャンプ26号感想です。今週はほとんどの作品を扱っております。

[週刊少年ジャンプ26号感想]の続きを読む
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/06/01(木) 02:49)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。