マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 医龍14巻感想
 すごい久しぶりに漫画単行本感想です。これを契機に色々書いていきたい…なあ。

 衝撃の14巻の前に、この作品のこれまでの感想も少し。


 

 この作品には、医療エンタテイメント!という煽り文句をよく見かけますが、まさにその文句通りの作品です。『破天荒な天才医師が日本医療界の暗部を斬る!』みたいな社会派なテーマがメインですが、それに併せてに少年漫画的熱さも兼ね備えており、単純に楽しめるエンターテイメント作品にも仕上がっています。
 とにかく朝田というヒーロー的医者がカッコよく、そんな彼に振り回されつつも成長していく周囲の人間描写が細やかで面白い。悪役として描かれる腐敗した教授たちすら、また悪役として魅力的なのがその人間描写の巧みさを物語っています。

 序盤から中盤にかけては、難病と戦う朝田、体制と戦う加藤、そして彼らのもとで成長していく伊集院、大体この三本柱で話が進んでましたが、霧島という人物が登場してから若干話の質が変わっていきます。
 彼が唱える『医局員のための医療』というのは、朝田のスタイルを真っ向から否定するものでしたが、それはそれで説得力がありました。初めのうちは読者にとって一悪役でしかなかった霧島の、挑戦と挫折を丁寧に描いているからこそ、彼の言葉が常人離れした朝田以上の重みを持つんですよねー。

 そんな感じで、最近は霧島が第二の主人公といってもいいくらいに作品世界で大きなウェイトを占めてきていて、二人の信念の戦いがどういう風に決着を迎えるのか、それを楽しみに開いた14巻でしたが…

 まさか丸々一巻、手術室内で(男たちの)愛憎劇が語られるとは!

 野口教授が見学に来た時点では、権謀術数渦巻く手術室、みたいな話になるのかなーと思いましたが、そこからどんどん斜め上の方向に展開していくストーリーに正直ニヤニヤがとまらんかったです。

 霧島のコンプレックスがこんなに深いものだったとは。基本的に、好きな人を陰湿にいじめちゃう超ツンデレ体質なのね。前巻で伊集院が霧島の下に渡ったときは、いったいこれからどうやってストーリーを展開していくつもりだろうと不安に思ったものですが、なるほど、朝田と霧島をつなぐ存在として機能していくのか。最終的に霧島ともども朝田軍団に入っちゃうのかなあ。

 悩んで悩んで、悩みをようやく乗り越えたかと思ったらそれもまた間違っていた、そんな霧島先生がもう愛おしくてならんですね。伊集院の信頼を損なわないために木原を見捨てる、その決意もまたどうみても間違ってるし。
 想像以上に不器用だった迷える子羊、霧島軍司に幸あれ!ってことで早くも次の巻が楽しみです。
 
スポンサーサイト
漫画 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/08/04(土) 05:33)

<<週間少年ジャンプ35号感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ34号感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/119-14aca4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  医龍
医龍『医龍-Team Medical Dragon-』(いりゅう チームメディカルドラゴン)は、永井明原案、吉沼美恵医療監修、乃木坂太郎作画による日本の医療を題材とした青年漫画。およびそれを原作とする#テレビドラマ|テレビドラマ。一般に『医龍』の部分だけで呼称
さえのブログ | 2007/09/12(水) 06:35

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。