マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ13号感想其の二
其の一はこちら

WJ13号感想の続きです。其の一で取り上げなかった作品のうち、管理人が読んでいるものを扱っています。全体的に簡潔ではありますがご容赦を。



NARUTO #296
 大蛇丸の如意剣は草薙の剣だったようで。あれは確かに防御力を下げる効果がありますけど、ボスクラスには効きませんよ(ドラクエ3)(でもバラモスには効いたか)。
 サクラはせっかく上げた株を落としまくりですね。気絶はするは激情に駆られて飛び出すは…。このときのカブト、サクラを煽っていた感じですけど、何の目的があるんでしょう。この漫画、どうでもいい動きにもいちいちコマを使いすぎて、本当に意味ありげな動作がわかりにくいです。少なくともカブトは何かまだ企んでいるようで。この胡散臭さは素敵。

家庭教師ヒットマンリボーン #86
 それぞれのリングには天気の名前が付いていました。このリングってあくまでもシンボルであって、別に特殊効果はないんですかねー。RPGっぽい設定だし、魔法のアイテムだったりしたらちょっとわくわくするんですけども。
 ツナの友人は気のいい奴らばかりだなあ。この人徳は大空のリングを持つにふさわしいのかも。本人はいつまでも嫌がってるし、それはそれでいいんだろうけども。こんないい友人を危険なことに巻き込むのは辛いだろうなあ。
 修行は意外にも各個人別々に行うみたいです。うーん、コロネロとか山本の父親とか、知らないキャラが増えてきたぞ。きちんと読み始めたのが半年ほど前からなもので。まあ、何とかなるでしょうけど。

メゾン・ド・ペンギン #3
 天才マナブ君…ベタではあるけど面白かった。先生ノリ良すぎ!
 おおいしこうじ…あのラップはトリノを語るにおいてはずせないよね…。しかし実在の人物を斬るあたり、絶望先生のテイストも入ってます。ほんと間口の広い漫画だ。
 エロ江口…お前は巨乳好きなのかそうでないのか。

銀魂 #107
 今週はかなり面白かったです。

 神楽ちゃんなりの銀さんっぽい言動が超かっけー!説教も的確で、ほんとにこのままイケるんじゃないかとも思いました。まあどんどん詰めが甘くなっていくんですが。別に依頼人を信じてるワケでもなくて、ハードボイルドっぽいキャラクターを演じてみたかっただけっぽいし。
 最終的にあれで誤解が解けたとも思えないんですが、夫婦ゲンカの間中子供達は気にせず楽しそうに遊んでいたわけで、このくらいのケンカは日常茶飯事の仲のいい夫婦であることが見て取れます。

 その他感想。
・まず冒頭部分のやりとりで和みました。なんだかんだで家族してるよなあ、この三人。仕事には割とまじめな銀さんということでしたが、そんなイメージがないのはなぜだろう。…ああ、依頼人に変なヤツが多いからか。突っ込まざるを得ないような。
・神楽ちゃんってバイク運転できるのか。駐車がアバウトだけど。新八の「グラさんんんん!!」の叫びの意味がどんどん変わっていってるのが面白い。
・くノ一カフェ!この世界の住人にとってもくノ一は萌えの対象なんですね。
・「花屋の花びらをアレだろ」
 卑猥だ!アニメ化の流れにとことん逆らいます。
・ノロケ話を聞いてツバ吐くとか銀さん最悪だよ!グラさんの方がいいこと言ってたよ!…と思ったけどアレも本気じゃなかったしね。銀さんあってのグラさんか…。

DEATH NOTE #98
 映画のロケを福岡市営地下鉄で行ったらしいです。映画の中で見覚えのある景色が見れるなんてことはそうそうないので、そのシーンはちょっと楽しみ。

 ようやくメロが!この行動がニアの策に入っていたのかどうかは分かりませんが、状況は一気にニア優勢になりました。ライトの策では高田がキーになるようでしたからね。でもこんなに簡単にライトの策が崩れちゃうのもつまんないし、このイレギュラーに対して双方がどのように対応するのかに注目です。なんにせよ久しぶりにアクションシーンが見られ、話が大きく動いたので嬉しい。ラストに向けて盛り上がってきたました!

ツギハギ漂流作家 #4
 宝くじで一等当てるくらいの低エンカウント率の魔物に20人が出くわしたことがあるくらいたくさんの作家が出入りするそのたびに数種類の新種が見つかるってすごいな。それぞれの数字はあくまで誇張なんでしょうけど。
 主人公のアクションが毎回単なる力押しじゃないのは好感が持てます。時としてひとかけらのアイデアは千発の弾丸をも凌駕するんですよ。
 最後にエロじじい登場。うーん、なんとなく淡々とした展開だ。主人公に具体的な目標がないので、別になにが起こってもよくなってるというか。意外と数話完結の短編ものになるのかなあ。

太臓もて王サーガ #29
 日本ちゃんぽん昔話編。いろんな有名童話をモチーフにしたショートギャグ数本からなってますが…うーん、いまいちだったかな。大亜門先生は毎回オチが弱いので、ショートギャグにすると一つ一つの質が落ちちゃってる感じ。
 今回はジョジョネタ多めでしたね…ってかモロだった。かくいう私はジョジョ読んだことないんですけど。いつか読みたいなあ。でもあの量だしなあ。

みえるひと #30
 センターカラー。とは言ってもだいぶ後ろ側ですが。でもまあ持ち直したようで何より。

 「大事なモンなんだよ!!ソレッ!!」
陽魂に言われると説得力があるような無いような。ブリーチや逆転裁判でも思いましたが、死んだ人間と生きてる人間がコミュニケーションとれるなら、死ぬなんて大したことじゃないじゃん?とか思ってしまいます。そりゃ生きてるときよりかいろいろ制限は付くでしょうけど、それだって生きてるときの障害と五十歩百歩ですしねえ。この作品の場合だと、ウキタケとか死んでからの方が幸せそうだし。ある意味不老不死だし。
 この作品の特徴でもある極太ゴシック体を使った心情描写は、力があっていいですね。ほんと、心情描写に長けた作品だと毎回思います。ガクに引き続きツキタケの回想もなかなかよかった。
 ひめのんは物わかりの良いヒロインで好感度高し。出しゃばらなくてもストーリーに絡むことができる背景を持っているヒロインでもあるということです。
 初めての友達のピンチに駆けつける、かつて引っ込み思案だった少年。アツい、アツいよ!ここ一番の盛り上がり方はかなりのものです、みえるひと。

べしゃり暮らし #17
 金本のプロ根性にシビれる。芸人ってのも文字通り芸術家なんだなー。あと本当に嫌いあっているようには見えませんね。才能だけでなく人間性も認めてるけど、最高の仕事をするための距離を保っている、という雰囲気。
 そういうことだと確かにSHIZU-JUNは限界かもしれないけど、だったらせめて理由を告げて解散すべきですよね。いや、そのためには告白もしないといけないし、若いんだからそこまで完璧にもできないでしょうが…。
 彼らの覚悟に触れ、自分の矮小さを思い知った圭右ですが、だからこそなにを言おうとしているのか気になります。彼なりの信念がこもった発言を期待。

タカヤ-閃武学園激闘伝--夜明けの炎刃王-
 今回だけは取り上げなければなりますまい。こんなに強引な展開の漫画は初めて見た!漫画内の世界における事象限界をあっさりぶち破ってきましたよ。
 …一時期「あててんのよ」で一世を風靡したこの作品ですが、今後はネタ方面で注目を集めそうです。いや、今までも相当なものでしたが。とりあえずこの路線変更は、作者が森以外の背景を描くのがいやになったからとしか考えられません。森好きだなー。
 アオリの「謎だらけの展開ッ!!」が編集のセルフツッコミにしか見えないのがポイント。

テニスの王子様 #302
 掲載順位が低いなあ。跡部様も出てるし人気がないとは考えにくいので、入稿遅れか何かかな?許斐先生、怪我されているようですし。

 だからなんで目をつむってるんだー!「無我じゃない」ことを強調してますが、じゃあこの目ェ閉じ状態も何かの技なのかな?そういえば英語じゃなくなってますね。手塚ゾーンは経験が必要なためイメージだけでは再現できないって、ほかの技だってそうじゃないのかと。菊丸分身なんて瞬歩と同じくらい高等技術っぽいじゃん!

 
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/01(水) 03:12)

<<蟲師とハガレン | ホーム | 週刊少年ジャンプ13号感想・其の一>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/12-0351bc43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。