マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週間少年ジャンプ35号感想
ワンピース、10thトレジャーズ買いました。しっかり読み込んではないけど、とりあえずジャンプ作家のイラスト寄稿が見られただけでも580円の価値ありです。
星野先生きっと昔ワンピ同人描いてたに違いないとか久保先生手を抜きすぎとか村田先生のルフィカッコよすぎとか色々突っ込みどころ満載でしたよ。あと松井先生の絵に相当笑いました。

ジャンプ感想は以下より。


NARUTO #364
 サスケ軍団のドタバタ劇に笑った。重吾は位置的にはボケキャラなのか。サスケもこんな面倒な奴らばっかり仲間にしたことを後悔してそうな感じです。

 ワープした相手の匂いも追跡できるのか…。単純に鼻がいいってわけじゃなくて何らかの忍術なのかな?それとも慣用句的な意味合いで、勘がいいってことなのか。

 やっぱり組織のボスに必要なのはここぞというときに雷を落とせる能力だよねー。というわけで黒幕の正体はトビと判明。えーと、マダラって誰だっけ…。
 トビ黒幕なのは意外な感じでいいんですが、やっぱあの和みキャラっぷりを見たあとだと、大仰な言動に威厳が感じられなくなりました。どっちが素なんだお前は。それともドッピオとボスみたいに二重人格だったりするのかなあ。


ONE PIECE #465
 自身もゴーストと化したペローナとウソップの戦い。

 なんかすごく…エロいです。巨大化体育座りで見下ろしてるとことかもそうだけど、身体をすり抜けていくところとかもマニアックなエロスに満ち溢れてるなあ。正しいペローナの使い方だと思います。

 そげキングに変身して復活するウソップのシーンにはなんか痺れた。そげキングは一時的な変装じゃなくて、ウソップにとっての理想のヒーロー像になっていたのか。ブラシーポ効果というか、戦闘中の意識の切り替えとしては実際に効果がありそう。ヒーローってのは古来より仮面をかぶるものだしね。
 こうなると、そげキングは前向きだからネガティブホロウが効くようになるという展開もあり得そう。敵の攻撃に合わせて人格をスイッチして戦うとか?


家庭教師ヒットマンREBORN! #155
 ヒバリ、ちょっと人間が丸くなってる気がします。少なくとも10年前は、ツナにこんな笑顔を向けたことはなかったような。あれはあれで中学生らしい態度だったし、やっぱり彼も大人になったってことなのかな。
 花と京子ちゃんのシーンはいいなあ。花の接し方からして、彼女の原動力は友情よりも母性のようですけどね。
 そんで今度はビアンキとフゥ太が登場。フゥ太はまたコナマイキそうに育っちゃってまあ。いや中身がどうかは知りませんが。


サムライうさぎ #21
 おー、綺麗にオチましたね。バトルの要素も入れつつ、メインテーマである人情物と夫婦物の要素を中心に描ききっているのは巧いなあ。結局阿部もいい奴だったし、なんとも爽やかでよろしい。


アイシールド21 #243
 峨王の精液性格判断はいったいどこで身に着けたんだろう…。そういう考え方をするに至ったサンプルデータというか経歴というか、すごい気になります。

 キッドの秘策、それは超早撃ちでタックルが来る前にパスを行い、峨王自身にタックルを止めさせるというもの。なるほど、向こうの情報公開がこうやって生きてくるわけか。これを破るには純粋にスピード勝負しかなさそうですが、キッドの早撃ちは今のところ無敵の速さを誇っているので、これをスピードで破っちゃうと峨王が進以上の最強キャラになっちゃうな。うーむ。
 あとやっぱり、峨王はクオーターバック及びライン専用の敵なのかな。ランニングバックのセナが主人公だった以上、敵の中心人物がこういうポジションにつくことは今までありませんでした。今回はやっぱりヒル魔の話になりそうな。今回ぽっと出の如月あたりが、陸やセナのライバルポジションなのでしょうか。


BLEACH #285
 カラブリ予告でセンターカラー。最近はシリアス一辺倒だったから、こういう気の抜けた絵が見れるのは嬉しい。というかこの大量のぬいぐるみは今までのカラーの中でも結構手間がかかる部類なのでは…。

 結局ジョーは食べなかったのか。意外と穏やかじゃんとも思ったけど、喰え、と言われたからはいそうですかと喰うことこそジョーのキャラじゃないか。
 デスガロン、最強の技と言いつつ一話で撃破されちゃって存在価値ないなあ…。格ゲーのためだけに出したんじゃあるまいな。

 自分が虚圏に戦いに来たことを認める一護。しかし最終的にはやっぱり助けるために来たんだと主張。だからそれは分かってるんだって。ジョーは、仲間を助けるために戦う、その目的と手段のどっちがお前にとって大切なのかと訊いたんじゃないのかな。うーんどうもここら辺の話が進まないな。


エム×ゼロ #61
 トラブル発生で皆を救出し潜入がバレるも日ごろの行いのお陰でお咎めなし。相変わらず神がかり的に運のいい奴です。今回はいつもと違って、ある程度の不可抗力があったとはいえエロ目的の行動が多かったですからね。九澄の魅力はその誠実さにあると思うので、反省しましょう。


銀魂 #175
 それぞれの一人の時間描写にすごい笑った。全身全霊のかめはめ波は確かにやってみたい!


テニスの王子様 #352
 真っ向勝負を捨て勝ちを取りに行った真田と、それをなじりまくる観客。な…なんてモラルの低い観客なんだ…。真田はより勝つ可能性の高い方策を採っているに過ぎず、むしろ最善を尽くして戦っていると言うのにこの言われよう。そもそも手塚ファントムが『林』でキャンセルできる以上、総合的に手塚の負けですよね。こうなった以上真田に勝ってほしいけど…どうなるのか全く読めない。この先読みの出来なさは冗談抜きでこの漫画の優れたところですね。


ベルモンド #4
 確かに異様に賑やかな地下室だよなあ。クロエもいきなりなじんでるし。てかクロエも結局ドタバタ要員なのか…。こいつらがシリアスに物語に絡んでくることはあるのかな?
 話も4話にしてようやく動き出した模様。とはいっても今週もやってることはいつもと同じですが。そろそろ外に出そうな来週以降の展開に期待。


魔人探偵脳噛ネウロ #119
 ネウロ、圧・倒・的!
 と言うわけで、今回の弥子拉致作戦には、対ネウロ戦における意味合いは何もなかったみたいです。弥子が洗脳を受けたこと、それ自体に意味があるという考察はたぶん合ってるんじゃないでしょうか。

 今回はまた、ネウロは弥子を(奴隷として)大事に思っているし、弥子もまたなんだかんだでネウロを信頼しているということがよく分かる、ラブコメ的に極めて重要な回でもありました。洗脳が解けた弥子とネウロの、この二人なりのラブラブなシーンの萌え度が半端ないです。笹塚さんも空気読めよ!

 Xは逃げ、戦いはまだ終わらない模様。とはいってもXはもはや負け犬モードだし、屋上というロケーションも終局っぽいし、あとはバトルよりもドラマで話が進みそう。流石にX編も今回がラストっぽいし、どのような形で決着がつくのか楽しみであります。


P2! #42
 結局ヒロムの絵を否定したのは誰なんだ…。このことは少なからずヒロムが歪んじゃった原因になってるでしょうし、小学生のコンクールにおいて、本人が書きたいものをヘタだから駄目、なんて否定する指導者はいかがなものかと。結局ヒロムがスポーツ嫌いになったのは、先週のリトルリーグの話含め指導者に恵まれなかっただけって感じがする。

 とにかく、ヒロムと乙女の微妙な関係はこれにて一件落着。今週はなかなかラブコメ度高かったけど、いまさら乙女がヒロインに返り咲いたりするんだろうか? 
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/08/04(土) 15:41)

<<週間少年ジャンプ36・37号感想 | ホーム | 医龍14巻感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/120-69d70aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。