マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 崖の上のポニョ
絵を描いたので今更ながらポニョの感想を。

とても面白かったです。やはり息子とは違います。

個人的には手放しで褒めたい内容だったんですが、見る人を選びそうなのも確かです(実際周囲の知人の反応はあんまり良くない…)。
最近の宮崎駿作品らしく、ストーリーは絵本的で突拍子のない方向に走っていきますし、いろいろと説明も不足してました。芯の通ったストーリーを求める人にはあんまり合わないかもしれません。一応そんな予防線を張っておきつつ以下は褒めまくりです。

宮崎駿作品の一番の良さと言えば、やはり一つ一つの画面の面白さです。今回もその美点が遺憾なく発揮されていました。冒頭の海底牧場の美しいシーンを見て、やっぱり駿作品は良いとしみじみ思いました。作品づくりにおいて、ストーリーよりも先にイメージボードを描きまくるというスタイルが、このような見るだけで引き込まれる画面を作るのでしょう。
最近の作品のストーリーの破綻は、このイメージ先行の製作スタイルに寄るものなんじゃないかと思っています。個人的には絵が面白いだけで満足なんですけど、まあマニアックな面白さにシフトしつつあるとは思います。

今回はあとキャラが良かったですねー!ポニョも宗介もリサもフジモトも可愛い!各シチュエーションにおいて、各キャラがどのような行動をとるかを見ているだけで楽しいという、よつばと的な面白さがありました。ひとつひとつの演技も非常に細やかで生き生きしてます。 やっぱりエンターテイメントにキャラクターは大事。キャラクターの良さだけで、この作品が自分ジブリランキングの上位にランクインしそうです。

背景を絵本風にするという試みも面白い。リアリティよりも可愛らしさを追求した作風にとてもマッチしていました。アニメーションの仕方も独特で、手書きの不正確さが生むアニメーションの面白さが前面に押し出されてました。

ストーリーは意外と壮大になっていくけど、ドラマ自体はとてもミニマム。いわゆる「セカイ系」の話なんですかね。いろいろと深読みすると深読みできる作品なのかもしれませんが、とりあえずは気楽に見て気楽に楽しむのが正解な作品だと思います。

スポンサーサイト

アニメ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/22(金) 21:23)

<<崖の上に放り出されてるリサ | ホーム | ネウロのイラストとか感想とか>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/156-f1ab1a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。