マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ02号感想
ジャンプ02号の感想です。
すみません、今週も更新前から感想サイトに掲載される現象が起きてしまいました。多分『52号』から『2号』のみを読みとってしまったからなんだと思います。トップから落としておくべきでしたね。来週からは大丈夫だと思います。



ハンター #290
思ってたよりナックルは大丈夫そうですね。たとえどんな結果を生もうと、それを承知の上の覚悟を持った行動だったんでしょう。その他の護衛軍を探しに行くようですが、やはり戦いよりは話し合い前提でしょうか。彼の少年漫画らしい信念が良い結果を産むことを願っています。

ノヴさんがぁぁ!こないだ一瞬出てきたとき姿がぼやけてたのは今回のインパクトを生むためだったのか。ナックルが素でびびってるのに笑いました。いやしかし、ここまで豹変するキャラだとは思いませんでしたね。これほどのストレスを感じながらも逃げ出しはしない根性がむしろカッコイイと前向きに評価しよう。今後パームと再会したときにどのような反応をされるか、最後のオチとして用意されてる気がします。

そしてプフとユピーは王を探して旅立っていきました。最後のコマをみる限り、もうナックルやキルアなどでは手の届かない所まで飛び去ってしまったようですが、もう護衛軍とのバトルは終了と見ていいのかな…。このまま行くとピトーの周りに残りの討伐軍が全て集結することになりそうです。そうなるとあの場にいるプフが抜け殻だということもバレそうだし、まだまだ一悶着はありそうですが。ピトー大変だね。
ノヴの言っていた、護衛軍がどう動こうがもう間に合わないというのはどういう意味なのかな。会長が短期決戦で王に勝つという予定を前提にした事実なのでしょうか。王とのバトルはそう簡単には終わりそうにないし、護衛軍を放置しておく訳にもいかないし、ちょっと楽観的に過ぎると思いますが。

そしてスポットは再び会長と王の戦いに。会長の不意の一撃にもめげず、話し合いを続けようとする王。戦わないのは平和主義にも見えますが、ここまでくると会長の攻撃ではやられることはないという上からの視線も強烈に感じます。会長としては屈辱だし、この地力の大きな差こそが話し合いを成り立たせない要因になっているわけです。
 しかしそれでも、無抵抗の相手をぶん殴り続けるのは抵抗あるみたいです。王の名前をちらつかせて戦いに誘導することに成功しました。王は本気は出さないみたいですが、一度戦いを始めれば決着がつくまで終わらないでしょうし、ようやくバトル開始となるようです。

そんないいところで終了。残念ですがこのクオリティなら致し方ないですね。このペースだとアリ編が終わるのは次の次の十週といったところでしょうか。期待しています。


ワンピース #525
インペルダウン周辺に続々と集う戦いの主役達。ここでバギーやアルビダが出てくるとは意外。アルビダはともかく、脱獄したバギーは重要な役回りになりそう。『財宝島』は今後の伏線なんでしょうか。
インペルダウンの描写がいかにもな感じでいいですね。しかしカームベルトにどうやってこんな巨大建造物を建てたんでしょうね。実は旧世代の遺物だったりするんでしょうか。このエピソードのラストには盛大な崩壊オチが待っていそうな感じです。


ネウロ #185
弥子の専属カウンセラー、アヤ・エイジアの活躍。弥子の傷を癒すばかりか、次に取るべき行動まで示してくれる有能っぷり。叶絵ちゃんやクラスメイトもいい人だなあ。弥子って学校休むことが多そうだけど、ちゃんと人気あったのね。ほんわかしました。
 しかし気になるのがアヤが脱獄してきた理由。アヤは殺してきた人を大事に思っているからこそ、罪を償うために敢えて脱獄しないと言っていたはずです。それを踏まえて出てきたんだからよほどの理由があるのでしょう。実は弥子を狙う血族の一味だったというオチもあり得ますけど、今週の前向き展開からしても、弥子を再び落とす展開にはならないでしょう。敵じゃないにしても血族と何らかの繋がりはあるのかも。実はネウロが根回ししてアヤをここまで連れてきたなんてオチだと悶えるんですが。

葛西を完全に追いつめた警察隊。しかし自爆覚悟の葛西の反撃で一網打尽か、というところでヒキ。まさか警察の主要キャラ全滅なんて鬱展開にはならないよね…。笛吹さんが何らかの対策を持っていることを期待します。
 葛西さんは生身だったようです。だから今まで前線では戦ってこなかったのか。ニートの汚名返上ですね。ひっそり犯罪するのが彼の美学だったのです。しかし彼がトリックを使って炎を出しているっていうのは、松井先生的には隠しているつもりだったのかな?今までの血族もいわゆるEPS的な能力を持つ存在は居なかったし、最初から火炎放射器を用いてるものと疑ってませんでした。
 『人間』という単語に反応する笛吹さんが気になるところ。実際新しい血族なんてシックスが言ってるだけだしね。どうやってまとめてくるんだろう。


バクマン。 #17
王道漫画を描きたい真城達と、邪道で攻めたい服部さんとの衝突。結局それぞれの連載に対するスタンスが違うのがいけないんでしょうね。服部さんは彼らの持ち味を活かして確率重視で育てていこうと考えていて、一方真城達は一刻も早く、それでいてアンケートで1位とれるような漫画を描きたいという贅沢っぷり。更に真城達は亜豆の夢やアンケート結果に振り回されすぎています。シュージンが中途半端にいろんなタイプの作品を書けるのも悪い方向に作用しているのかも。とにかく一回じっくり話し合って、それぞれの見解の一致とスタンスの確立を図る必要がありそうです。


BLEACH #337
 ぽっと出の割りにめっちゃ強いアヨン。この三人娘の細胞から作り出された存在かとも思ったんだけど、おかっぱ娘のセリフから見るに腕を代償にしてどっかから召還した獣みたいな扱いなのかな?十刃でもない敵にいきなり総大将が出るとかこの漫画にしては出し惜しみしない展開ですね。


ぬらりひょんの孫 #38
女装少年来た!最近の流行をしっかり取り入れてきますね。ちゃんと元の妖怪の設定に忠実なのもいいですね。『覇者の証』は単なるブラフかとも思ったんですけど、どうやら玉章を狂わせた元凶だったようで。こういうアイテムが出ると、もはや自滅エンドしか見えないなー。今回も大量の雑魚敵を一掃してくれたし、牛頭丸達からすれば逆にありがたい気がします。


サイレン #50
おお、各自の能力を活かした集団戦闘が面白いな。マリーは精密動作に定評があるPSI使いなのかな。ここでこいつらを壊滅しちゃってワイズ終了、未来安泰、作品終了、なんて展開にはならないことを祈ります。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/09(火) 11:57)

<<週刊少年ジャンプ03号感想 | ホーム | アスカ見参とテイルズオブジアビス>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/165-f45f1485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。