マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ03号感想
ジャンプ3号の感想です。ワンピースとハンターがないと非常に物足りなく感じます。



ぼっけさん #1
 西先生の新連載です。

 いやー、とにかく絵が素晴らしいの一言に尽きます。西先生の妖しくも美しい絵で和風テイストの漫画が描かれるなんて夢のようです。相変わらずホラー演出も上手い。西先生の美点を最も活かしきれる題材なのではないでしょうか。一つの街を舞台にしているというのも個人的にツボです。身近な世界から巻き起こる謎っていうのが好きなんですよね。
 キャラクターもいいですね。妖艶な美しさの少年と眠そうな眼のヒロイン。デザイン的にはたまらんなー。主人公の性格はちょっとイライラを誘いそうですが。

 そんな感じで物語を形作る数々の要素はどストライクです。そして肝心のストーリーの方ですが、うーん、一話目からしてバトル要素が濃いなあ。どのような話になっていくかはまだ未知数ですが、できればゆっくりまったり謎を解き明かしていくような話を展開していって欲しいと思います。期待大。


ネウロ #186
 本城博士の遺書を読んだ弥子。彼が残したというシックスの情報の詳細は明かされませんでしたが、とにかくここは、本城博士の死によって傷ついた弥子の心が大いに癒されたであろう点が重要ですね。あんな死に方をした博士にも、やっぱりちゃんとした人間の心があり、弥子を大切な友人と思ってくれていたことが分かったのですから。

 アヤが何故、タイミング良く弥子のピンチに駆けつけてきたのか、それはネウロの訪問があったから。おお、一番嬉しい予想が当たってくれたぞ。各感想サイトさんではアヤの正体に関していろいろと恐ろしい想像もされてましたけど、松井先生はなんだかんだであまり残酷なことはしない作家さんだと思っているので、この結末が一番ピンと来ました。クラスメイトもアヤもいいひと。ネウロもいいひとであるかはともかく、弥子を尊重してくれている存在。この作品は愛で満ちてますね。

 そして次回は弥子の謝罪会見編になるようです。うーん、もうヨリを戻しちゃうのか。鬱展開を引き延ばさないのはいいんだけど、結構大々的に別れたにしてはあっさりしていてちょっと拍子抜け。弥子とネウロ別々で行動して、ネウロのピンチに弥子が駆けつける!みたいな展開をちょっと妄想してたんだけど。なんにせよ来週はニヤニヤできそうです。

 先週の爆発オチで一体どれだけの死人が出たかと思ったら、単に葛西の逃亡用の演出だったようで。さすがにこれ以上のメインキャラの死亡は嫌だけども。葛西はこれでリタイアなのかな。最期の演出としてはかっこよかったけど、警察側が生死を確認しないまま去っていったというのがこの上なくまだ生きているフラグっぽい。これで五本指全滅となると、まさに口ほどにもない奴らだったということになるし。


バクマン。#18
 新妻エイジとの初遭遇。そして意外といい奴なエイジ。そしてそれ以前に割とコミュニケーション力があったのね。友達になりたいとかもう完全にLだなあ。それ以外にも、担当に怒鳴られてびっくりしてる様子とか、人間らしい描写がなされててキャラとしての魅力がぐっと増した回でした。
 そもそもエイジが嫌な奴であるという印象は「嫌いな作品を一つ終わらせる権限」発言な訳です。そして今回の人なつっこい言動は「面白い漫画を描いた亜城木夢叶」に対するものです。すなわちエイジにとっては「好きな漫画」=善、「嫌いな漫画」=悪、であって、好きな漫画を描いた亜城木夢叶だからこそ話しかけてきた可能性はありますね。そういう漫画中心の人物評価をしているのかも。そうなると今後やっぱりいけ好かない感じのライバル役に回る可能性は大いにあります。

 目の前でエイジの人間離れした実力を見せつけられ、逆に火がついた真城と高木。王道で勝負しようという決意を新たにします。
 いや、少年漫画の主人公としては全く正しい行動なんですけど、しかしここまでエイジに勝ちたい、1位になりたい、と思う理由がちょっとよく分からないなあ。そういう性格なんだといえばそれまでですけど、でも本当の目的は一刻も早く連載してアニメ化することではなかったんでしょうか。最近の真城を突き動かしているエイジへの対抗心という要素がどうも唐突に出てきた感があり、大した説明もされないままストーリーの主軸に据えられていることに違和感を覚えます。

 今週は熱い服部さんが素敵でした。地味にいいキャラだよなあ。


トリコ #30
 サニーが実力の片鱗をのぞかせます。今度は触覚に特化した四天王のようですね。ノッキングやセンシングに使ってるのは髪の毛なのかな?
 先週のラストでインパクト大で出てきたリーガルマンモスが、実はまだ子供たったというのはよいハッタリ展開ですね。GTロボが4台も乗り込んでいるこの状況では、数体がリーガルマンモスのかませ犬にされそうな雰囲気すらありますね。


サイレン #51
 怪我をしてもされても治せるから大丈夫と悟空みたいな事を言い放つエルモアばあちゃんが怖かった。将来に向けて相応に厳しい教育をしてるんだなあ。


とらぶる #129
 先週幼女が全裸で出てきたときには一体どうしたものかと思いましたが、こうやってマスコットキャラ風の位置ならば納得。それなら先週から服付きで出しとけば障りがないのに…。あとセリーヌのリトを好きな気持ちが伝染するって、どう見ても性的な欲情なのは一体どういう事なのか。
 しかし最近は新キャラがどんどん出てきて肝心の春菜にちっとも焦点が当たりませんね。


ジャガー #357
 不動君のキャラが、意外とマニアックなところを拾ってくるけど詳しすぎて最終的に引かれる、という微妙な感じに固まってきましたね。そんな報われない不動君が好き。

スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/12/18(木) 11:43)

<<週刊少年ジャンプ04・05号感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ02号感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/166-9d304ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。