マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ16号感想
なんと!気付いたらジャンプが無くなっておりました!まだ一回しか目を通してなかったのに…。
実家では兄が買ってきたジャンプを読ませてもらってるんですが、最近は読み終わったら友人に譲ってるそうです。はい、全てはFFにかまけて感想を書くのを延ばし延ばしにしていた私が悪うございました…。

こんな状態ですので、今週の感想は第一印象のみで書かざるを得ません。よって全体的にきわめて簡潔で、かつ詰めが甘くなってます。来週からは心を入れ替えますので…。



週刊少年ジャンプ16号感想

BLEACH #219
 一護内部で卍解バトル。
 二人の霊圧で内なる世界までダメージ受けてるけど、これって一護自身に悪影響はないんだろうか…。
 白一護のゼロ距離月牙天衝!これはカッコいいなあ。一見すると一護にテクの違いを見せつけてる風だけど、今まで幾たびも一護のピンチを救ってきた彼は、私的にはどうも面倒見のいいあんちゃんというイメージのキャラです。だから今回も、バトりながら一護に戦い方を教えてるように見えてしまいます。ま、実際のところも結構いい奴なんじゃないかなあ。白一護がギャグキャラ化する日も近いかも!
 最後にブラック斬月が白一護に吸収されて終了。でも魂のバトルは心の持ちようで強さが激変するので、どんなにピンチになったって大丈夫です。気合いで勝て!

 あ、今回は吾代くんの名前が出てきました。一回見ただけじゃ覚えられないような名前だった事は覚えてます。


ONE PIECE #404
 あれま、意外にあっさり元の大きさに戻っちゃいました。せっかく小さくなったんだからそのネタでいろいろ描けばいいのに…とも思ったけど、それは今後の戦闘にとっておくんでしょう。

フランキーのバトルは、チョッパーとクマドリが絡んでくる事を除けば予想通りの展開。冷蔵庫を開くのは一瞬だから大丈夫だろうと考えるチョッパーと、実際に出てこなかったクマドリ。面白かったけど、お前らもうちょっと真面目にやれと思わなくもないです。いや、かなりウケたけどね。それにしてもフランキーって強かったんだなあ…。RPGで後半に仲間になるキャラが、仲間になった時点で初めからいるキャラに合わせて既にレベルが上がっているようなものか。


アイシールド21 #177
 中学時代の回想シーンを利用して阿含のスタミナの凄さを説明。同時にそのころから変わっていない阿含とヒル魔のスタンスも見せています。相変わらず隙の無い構成。
 どうなんでしょうね、この阿含のスタミナ問題。実は中学の頃はああ見えても真面目に運動していて、高校からは遊び回っていたせいで思いの外スタミナがなくなっているなんて展開は…ないですかね、やっぱり。もしも阿含が真ES21なんて展開ならばあり得なくもないような…。いや、単なる妄想です、はい。
 「こっちは全員両面で出てるんだから、向こうに温存されたら勝ち目がない」というヒル魔の言ですが、阿含に無限のスタミナがあるという設定に矛盾していませんか?どんなに出場してもスタミナ切れを起こさないなら、出てくれない方に越したことはないと思うんですが。「ES21が阿含に勝たない限りは勝ち目がない」と次に言っているので、阿含に出場してもらって何とか攻略法を見つけ出す、というのが正しいと思います。雪光先輩にもプレイを見てもらわないといけないし。だったらそう言えばいいのに。
 ………って、今書いてて思ったんですが、ヒル魔の発言は敵に対するブラフだったとしか思えませんね。それなら納得ですが…。読んだときはそんな描写だとは全然思わなかったので違和感を感じました。もう一回読めばはっきりするんだけど…。

 阿含の「天才性」がようやく具体的に示されました。凄そうだけど、人間の限界に0.01秒及んでいないのが憎いです。100分の一秒をセナが克服するのでしょうか。それだと"天才"を"努力"で打ち倒すという構図には当てはまらなくなりますが、セナだって十分に天才ですからね。"天才"VS"努力をする天才"ということで。この展開だと、同じく"努力をする天才"である進がラスボスとしてふさわしいキャラに昇華しますしね。

 タッチダウンされるよりかはマシな自殺点、そして武蔵のパントキックで一気に挽回。各キャラクタが必死に食らいついている様子がよく分かります。決して一方的にやられているだけではない泥門です。でもこのパントキック、最後のコマではまだ地面に落ちてないんですよね…。キャッチされてリターンタッチダウン、なんて展開にはまさかならないですよね…。


魔人探偵脳噛ネウロ #53
 笹塚の不審な行動は保留ですかァー!?ワンピースと同じく、気になるヒキをあっさりスルーしてしまいました。読者はこうやって翻弄されるしかないのね…。

 盗み聞きすると丁度いいタイミングで重要なことをしゃべり出すのは、推理モノに限らず娯楽作品でのお約束ですね。この作品の場合、このタイミングすらネウロが謀ったものなのかも、と思えてきますけどね。
 相変わらずヒント出しもほとんどないまま推理パートは終了。来週は解答編になるようですが、今回はいつも以上に、事件よりも気になるイベントがてんこ盛りです。とりあえず今度の犯人はどんな変態なのか、楽しみです。

 サイの候補から絵石家の娘が外れました。どうやら最後の自分像のメッセージもこのガム噛み娘に宛てられたもののようですね。そのメッセージが一体どういうものなのか、ヤコとガム噛み娘が何となく感じ取っているだけのようですが…。サイにしろネウロにしろ、この像には何も思うところはなかったわけで、この像がヤコの反撃の切り札になりそうな予感。


NARUTO #299
 ナルトの強さの本質が明かされました。九尾の力抜きでもナルトは強かったんですね…。正確には素質あり、ってとこでしょうが。第一部はサスケ奪還編くらいしか読んでないのでよく分かりませんが、これは結構意外な事実だったのではないでしょうか。ナルトの特殊能力といったら、九尾のチャクラを引き出せることくらいだと思ってましたから。
 その他、サクラを傷つけたのが自分だと知っても思った以上に取り乱さなかったナルトが印象的でした。少しは成長したのかな…。ヤマト先生の口が巧みだったということが大きそうですけどもね。


家庭教師ヒットマンREBORN! #89
 修行は順調に進んでいたが、思っていた以上に敵の襲撃は早く…。
 これもなかなかにバトル漫画の王道展開。次回あたりからバトルが始まるのかな?展開が早いのはいいことです。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 #63
 エビスもゴリョーも普通に生き延びそうな感じ。腹貫かれたんですよ?もうちょいみんな慌てましょうよ。しかしキリコが活躍するとはびっくりです。存在自体忘れてたよ…。ナナとの百合ップルが成立したようで、レギュラーキャラに昇格かな?ナナはフラッシュ攻撃という地味な戦法で活躍してましたが。別にナナじゃなくてもいいような仕事だ…。

 相変わらずダメダメな魔法律協会。味方側がここまでダメな漫画もそうはありませんって。ペイジさんはここらで活躍しないと前回の失態で得たものはなんだったのかということになりますよ!


テニスの王子様 #305
 最後までしっかり面白かったです。
 跡部は立ったまま気絶。その精神は見事ですが、どこが"君臨"なのかと問いたい。というか相当間抜けな絵ですよ!
 素晴らしい!きちんと坊主頭を実行してくれました!髪を切られた後の絵は見られなかったですけどね…。今後出てくるのか、跡部ファンのためにスルーか、許斐先生の覚悟が問われるところです。

 四週休みかー。ここ最近が高密度で面白かったですからねー。しっかり休んで下さい。しかし休載多いな…。


銀魂 #109
 店の存亡をかけた早食い競争の巻。
 早食い競争ネタはギャグマンガだと定番って感じですが、しっかり銀魂のテイストに落とし込んであります。だんご一筋だから団子で千の味を作ることが出来る、というじいさんの語りがかっこよかった。


DEATH NOTE #101
 サスペンスというよりむしろホラー。隙間から覗いている魅上がマジ怖えぇー。隙間から覗いて名前書く、なんて単純なものがライトの策であろうはずもないから、これはまだ作戦の第一段階なのでしょう。魅上の持ってるノートはライトの作った偽物なんでしたよね。それを利用してうまいこと言い逃れをする算段でしょうか。ひとまずニアの名前ゲット。次回以降、ニアとライトのカードの出し合いが楽しみです。


みえるひと #33
 地蟲によるミナデインで時間稼ぎをしているうちに明神到着。でかいこと言ってるわりにあのオオカミ弱いじゃんよ!


べしゃり暮らし #17
 昔は芸人が数多く来ていたというそば処・吾妻。圭右の家の謎が少しずつ明かされていきます。圭右も芸人になる道を考慮し始めたようで、今後は対父親でストーリーが展開しそうです。


ピュ~と吹く!ジャガ~ #235
 誰!?って感じで始まった、悩めるアーティスト・ポギーの回。ジャガーのあまり新キャラに頼らない作風は好きですが、同じキャラだとどうしても同じようなネタになってしまいがちです。今回も既存のキャラを組み合わせてとりあえず話を作ったという感じが否めない…。それでも一定以上の面白さを保っているのはさすがですけど。



こんな感じで普段の半分量でお届けしました。量が少なくなった理由が理由なので申し訳ないですが、実際のところ今までが長すぎた気もします。私は、好んで読むテキストなら長い方が読み応えがあって嬉しく思う方なのですが、それでも長すぎると読む気失せますし。これを機に今後はもうちょい短くまとめることを努力していこうかと思います。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/03/24(金) 08:47)

<<おおきく振りかぶって6巻感想 | ホーム | ゲームは一日一時間!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/26-362b2da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。