マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ワンダと巨像・クリア後雑感
昨年末よりじわじわプレイしていたワンダと巨像をクリアしました。
うん、なかなかに面白かったです。


とにかく雰囲気第一のゲームでしたね。とにかく巨像の巨大さ、絶対感の表現が凄い。そしてそんな勝ち目のなさそうな相手でも、立ち向かう以外に術のないワンダの悲壮感などがよく表れてました。
なにより、人知を越えた存在に必死に食らいついて打ち勝つ、そんな燃えるシチュエーション作りが素晴らしかった!個人的には5体目の鳥形の巨像、10体目くらいの砂の中を走る巨像、そして最後の巨像がお気に入り。

ゲームとしては、結構な単純作業反復ゲーなので、私のように思い出した頃にぽつぽつプレイするくらいが丁度いいかも。一つ一つの戦闘は面白いと思うんだけど、巨像の探すのが割と面倒…。

そしてエンディング。今まで巨像を倒す以外のエピソードはほとんど何も語られなかった本作ですが、エンディングで全ての種明かし。まずハッピーエンドにはならないような雰囲気でしたが、予想通りのバッドエンドでした…。
池に飲み込まれるワンダのシーンとか、本当に切ない。このシーンが操作できるようになってるのって、プレイヤーがワンダに感情移入していることを見越しての仕様かな。でもこんな仕様だと、何とかして池に飲み込まれずにすむ方法があるんじゃないかと期待してしまう…。
悲しい結末でしたが、決して雰囲気は悪くありませんでした。ちゃんと女の人を生き返してあげるあたり、この魔王は義理堅いひとですね。二人がこの庭園で幸せに過ごせることを願います。

あ、あとアグロが生きてたのがうれしい!谷底に落ちていった時、おもわずワンダと一緒に叫びたくなったですもん。このゲーム真のヒロインといっても過言じゃないです。


それにしても最後の巨像には苦労しましたわ。巨像のもとに辿り着くまででまず30分ほど消費し、巨像によじ登って左手→右手と移っていったあとに肩に飛び乗るところで今度は3時間ほど苦戦しました。何に苦労したかって、攻略法を間違えて覚えてしまったことですよ。最初右手までいった時、適当にジャンプしたら肩に飛びつけて、そっから頭の弱点まで登れちゃったんですねー。一回落とされて、もっかい右手まで登ったら、右手から肩に直接ジャンプすることが実は極めて難しいことに気付きました。こんなに難易度高くていいの?とか思いつつ頑張りましたよ。10回以上落とされて一回殺されたけど、ここまで来てやめられるか!という気持ちで頑張りましたよ。三時間後奇跡のジャンプにまた成功して、今度は落とされないように注意して一気に倒しました。クリア後に攻略サイトを見て、肩の弱点を弓で射抜けばよかったということを知りました。……おかげで腰→左手→右手の移動はプロ級だぜ!
スポンサーサイト
ゲーム | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2006/04/07(金) 12:43)

<<週刊少年ジャンプ18号感想・後半 | ホーム | 週刊少年ジャンプ18号感想・前半>>

コメント
 
私が寝ている間にそんなドラマが・・・。
嗚呼、寝てて良かった。
URL | ruru #- | 2006/04/07(金) 23:21 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/33-6b9da0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。