マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ19号感想・後半
前半はこちら。

今週は割と早めの後半更新です。毎週このくらいだといいのにね!
今週末は描こう描こうと思いつつ流れているイラストでも上げようかな…。



NARUTO No.302「潜入…!!」
 ヤマト先生、「潜入はあくまで音も無く…」とか言いながら、しっかりガラガラと音を立ててるのに笑った。そりゃまあ螺旋丸よりかは小さい音でしょうけどね…。

 サイが読んでる本は何なんでしょう。自分で持ってきた本にしては読んでる顔がびっくりしすぎですが。術を使ってどこかから取り寄せたのかな?そんな術があるのかどうかは知りませんが…。

 うっわー、カブトったらうっかりさん。「フ…」とか言ってる場合じゃないでしょ。こういう忘れ物は確かに人間誰しもあることですが、こんなプロフェッショナルな立場の人間にされるとちょっと萎えちゃいます。アジトだから緊張感なくなってたのかなあ。
 でもそれがケガの功名でした。はやくも対大蛇丸第2ラウンド開始のようです。


家庭教師ヒットマンREBORN! 標的92「邂逅」
 今回の騒動の背景が明かされました。つまりは、ツナが後継者という話はいつの間にか流れてしまってたんですね。この漫画の根底を覆すような展開でもありますが…。でももともとリボーンは門外顧問側だったのか。
 なぜツナやザンザスが後継者にふさわしいのか、ザンザスの目に余る行動というのは何なのかが明かされないから、結局の所家光も9代目も、親バカで後継者を選んでるようにしか見えないなあ…。

 そんなこんなで、同じリングを持つもの同士の後継者の座をかけたバトルが勃発。先週、味方を豪華に集結させるなあと思ったら、敵陣も全員集結してのこの展開にするためだったのね。でもこの展開だと、バトルの結果次第ではボスと守護者が派閥入り乱れた構成になっちゃいますね…。爆弾をはらんだシステムだなあ…。今回はツナ派が全員勝つんだろうけど、でもザンザス派の誰かが味方になるという展開もありですかね。


メゾン・ド・ペンギン 第9回「僕が読者なら読み飛ばす」
・恋愛テクニック講座…意外とまともな感じのことを言ってますね…。オンナノコの意見はあんまりアテにならなさそうだけど。
・一日一善くん…うーん、キャラデザが受け付けない…。こう、普通の好青年っぽいキャラだと良かったかなあ。ネタによっては面白いかも。
・ツキミちゃん…ストーリー漫画形態に進化。色々的確なツッコミでした。セイカちゃんと少年のやりとりが微笑ましい。いとり先生に痴女って、まあ全くその通りですよね。


BLEACH 222「NO SHAKING THRONE」
 一護の修行はこれで一段落かな。そして久しぶりにシロちゃん達が出てきました。今回は中継ぎの話で見せ場も内容もあんまり無かったです…。

 「もう見た目は完全に虚だなァ…」この状態と虚ってどう違うんでしょう。虚化一護、今のところ一言も発してないから意識はないのかな。完全に虚化したら内なる虚の白一護が人格として顕在化するのかなあ。
 内在闘争時間についても色々言ってますが、何の意味がある数字かわからないのでそんな意味ありげに語られても困ります。単にはやいとこ内在闘争終わってくれないかなーって思ってるだけ?
 そして虚化を抑えた一護。険悪な笑みで見つめ合う一護と平子、まるでケンカしたあとに芽生えた友情みたいなシーンですね。

 久しぶりの織姫。相変わらずの脳天気な姿に癒されます。ここ最近荒んだ展開が続いてたもので。たつきは今後どのように絡んでくるのかなあ。織姫と組むことで織姫の戦力アップに繋げるのか、それとも単独参戦するのか…。
 なんだこの大画面薄型テレビ。尸魂界から取り寄せたんでしょうか。でも尸魂界と現世って、どこでもドアみたいので繋がってるんじゃないんですかね?直接織姫の部屋にワープさせるとか…出来ないのかな、やっぱり。
 藍染の真の目的ねえ…。いまいちピンと来ないなあ。確かにあんなことやってるからには何らかの目的があるんでしょうが、何かもう単に世界征服を企む悪の組織ってイメージしか無かったや。究極的にはそれが目的なんだろうけども…。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第66条「吸収」
 ヨイチ、色々吸われたみたいだぜ…って、一体何を吸われたんだ!?トーマスはトーマスで快感に打ち震えてるし…。

 いきなり掃除機形態に変形するトーマス。なんだか面白い絵面だなあ。タンスが連続して倒れてくるシーンはなかなか迫力満点です。身を挺してムヒョを守るロージーがポイント。

 霊撃手って、結構強かったのね…。というかトーマスもなんだかんだで大したことないのか…。術の上に乗るなんて反則的だけど、よく考えたら破魔の術って物理攻撃っぽいですもんね。物理干渉は出来るのか…。
 やっつけたと思ったら本気を出していなかった、ブリーチ的展開です。でも鎧が真の力を発揮する前に、ムヒョはなにやら突破口を見つけた様子。トーマスも再来週にはやられそうですね…。


GALAXY
 49P読み切り。
 何の才能もない少年が、銀河系を支配せんとする生命体に対抗する存在として、導かれ覚醒していくストーリー。
 とにかくごちゃごちゃしていて、説明だけでほとんど終わっちゃった、そんな読後の印象でした。連載を意識して考えた話って感じで、いろんな要素を詰め込みすぎです。コマ割りや作画もごちゃごちゃ感を助長していると感じました。似たようなジャンルでも、3月20日発売号の読み切り、ESQUISSEには完成度の点で及ばないかなー。
 設定としては壮大なスケールのSFものですが、なぜかエージェントが教師に扮してたり、もう一人の救世主も同級生だったり、読み切りの話自体は学園ものベース。このギャップを楽しむべき作品なのかなあ。この読み切りだけでは何とも言えませんが。
 ストーリーや設定の細部にアラや適当さが目立ちますが、個人的にスケールのでかいSFは好みのど真ん中なので、連載で読んでみたくもあります。

 扉のアオリ、「小宇宙」と書いて「ギャラクシー」と読むのはモグリだろ!


ツギハギ漂流作家 第10刷「帰るべき場所」
 犬上の母親がドラクエ5に出てきたニセたいこうに見える…。
 回想シーン、いい話ではありますが、こういった厚意が逃げ道を塞いで逆に相手を追いつめてしまうこともあるという好例にもなっています。もちろん少年漫画のキャラクターは逃げ道なんて考えませんが、母親としてはやっぱり生きて帰ってきてくれるのが一番でしょうし。


みえるひと 第三十六譚「うたかた荘満身創痍」
 自分の師匠を殺した陰魄を育てたのがコモンだと知り、明神怒る。
 うーん、そんな因縁もあったか…。この因縁で明神がキレるのは今ひとつピンと来ない。キレるのは当然っちゃ当然のことかもしれないけど…何となく主人公らしくない心の動きだ。

 激高するもコモンに全く敵わない明神の危機に、うたかた荘のみんなが立ち上がる!といってもチビッコ達は後ろでわきゃわきゃやってるだけで、ひめのんも覚悟して出ていった割りにはあっさり時間稼ぎを見抜かれてしまってます。
 そしてここでガク参戦ですか!五分時間稼ぎをするどころか、三分で片を付けてやると言い放つ姿がカッコイイ。しかし展開上、五分以内にやられることは必至です…。彼のその前までの敵もスピード系だったから、ちょっとは善戦するかもしれませんが。がんばれー。


太臓もて王サーガ 第35章「天才は最後にやってくる!!」
 身体計測をベースにジャンプパロのオンパレード。定番のジョジョパロを盛り込みつつ最近のブリーチとデスノパロが冴えてました。
・新キャラ、もて四天王の一人の「笛路 紋」。名前の由来はそのまま「フェロモン」からですね。
・飲み物を飲んでるシーンはブリーチのヤミーですね。とは言ってもはっきり覚えてるわけではなく。こんなキモい顔だったっけ?
・デスノ指人形だ!これって第二部後半はずっと出てきてるし、商品化とかしてくれないものだろうか。基本的にはキモいけど、メロ人形はちょっと可愛いかなーと思います。
・「色裂色番」エロを色と読み、ガードとリップを漢字にした名前。太臓は名前の由来を考えるのもパズル的で面白い。
・ここ最近のブリーチパロ。「カッコよく決めたのに泣かされた!!」というのはそのままひよ里へのツッコミ。一護にやられて半べそかいてましたもんね。
・高田服脱ぎ→思い通り!→高田とメロ炎上、の流れが素晴らしい。燃えさかってるシーンのトーンワークはなかなかのもの。パロるからには表現技法もコピーしなくちゃならんのですね。
・ようやく出てきたドラゴンガール三人目。ほんと忘れた頃にやってきますね、この設定…。
・次回予告、「ドラゴンガールを求めて壮大な旅に出る!!」って微妙に不穏な予告ですね…。「旅立ち」=「打ち切り」の図式が成り立ってますからね、少年漫画には。


ピューと吹く!ジャガー 第237笛「そんなお前に…乾杯!」
 ジョン太夫の開運法編。
 遂にはジャガーさんがジョン太夫の利用方法を編み出してしまいました。まあやってることは酷いけども、ジョン太夫くんも嬉しそうだし、いつものようにお金がムダになることもないし、結構幸せなお話だったんじゃあないでしょうか。最後の病欠だってジョン太夫くんならポジティブに解釈してくれるだろうしさ!
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/04/12(水) 20:03)

<<久々イラスト | ホーム | 週刊少年ジャンプ19号感想・前半>>

コメント
  みつけた!(・∀・)
これからはネタバレにガクブルしながらニヤニヤしていこうと思います。

トップの花札少女カワイイ(*v`)
URL | こうめてい #WdM.VUD2 | 2006/04/15(土) 00:12 [ 編集 ]

 
ネタバラさないようにガクブルしながら更新していきたいと思います。

お褒めの言葉ありがとう!ヾ(>▽<)ゞ
もうちょっとイラストも充実させていかにゃ…。
URL | 機織 #- | 2006/04/15(土) 10:42 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/36-ee6abee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。