マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ21・22合併号感想
 いやー、更新が滞っててすみません。いろいろ単行本も買ってるんですが、漫画感想のカテゴリが全然埋まらない…。
 理由は一つ前の更新から察して下さい。軽く廃人化してました。

 とりあえず当ブログのメインコンテンツであるWJ感想だけは怠れまいと、心を鬼にして昨日一日ゲームを封印。というか今週号はいろいろと面白かったので感想書きたかったですし。
 そんなわけでWJ21・22合併号感想です。作品数が多いのは嬉しいけどちょっときつい…。今後、感想取り扱い作品を取捨選択していくかもしれません。



週刊少年ジャンプ21・22合併号感想
 表紙はアニメ化漫画特集。こどもの日前と言うことで鯉のぼりと共に描かれてますが…一護の乗っかってるやつ、あれなんだ?なんか凶悪だ…。
 そして新連載なのに表紙をもらえなかった「To Loveる」に涙。ギャグじゃないからネタにも出来まい。


To LOVEる-とらぶる- トラブル1「舞い降りた少女」
 表紙をもらえなかった不遇な新連載第二弾。
 女の子の免疫のない主人公。好きな女の子に告白も出来ずに悶々としているところに、突如謎の美少女(全裸)が訪れる。なんと彼女は家出のために地球に訪れた宇宙人だった…。

 ベタだ!この上なくベタだ!
 ダサダサなタイトルからも予想できたことではあるけど、矢吹健太郎の新連載は真っ向勝負の押しかけ系ラブコメでした。サービスシーンも露骨で、ここまで開き直られると逆に清々しいです。
 ジャンプのお色気担当の作品になるみたいだけど、次週からの新連載とポジション的にかぶります。どちらが覇権を握るのか…。個人的には絵柄はこちらの方が好み。

 しかしどんなに絵柄や内容がキャッチーでも、ストーリーやキャラがよくなければ人気は勝ち取れないもの。今週はこの作品のあり方を明確に提示してはくれたけど、あまりにもベタだったもので面白い作品になるかどうかは計りきれません。でもまあ、原作付きだから一定以上のクオリティは期待できると思いますし、頭空っぽにして楽しむ作品としては悪くなさそうです。

 とりあえず、個人的に春菜ちゃんに注目していこうと思っています。


ONE PIECE 第408話「怪物VSクマドリ」
 ナミとカリファのバトルになるたび、馬鹿の一つ覚えのようにエロいエロいと繰り返してきましたが、今週でもう確定的になりましたね。尾田先生もお色気漫画に挑戦してると!

 もうね、カリファの能力は狙いすぎでしょう。まさかこんな石鹸(ソープ)嬢だったとは。相手の力をそぎ落としてしまうってのも狙いすぎ。カリファがナミの生足をぞろりとなで上げるシーンの妖しさといったら尋常じゃない。ワンピースはいつの間にこんな漫画に…?サンジはカリファにやられたときカッコいいこと言ってましたけど、あれは既にカリファに全身ペッティングされたあとだったわけで、サンジ的には相当な天国だったはず。

 と、冒頭がこんなシーンだったので今週のサブタイトルである"怪物VSクマドリ"の印象が薄れまくったのですが、こちらはこちらで壮絶でした。今までチョッパーを圧倒していたクマドリがボロクズのようにやられていく様が恐ろしい。
 先週も何となく思ったけど、巨大化したチョッパーって、その大きさといい無表情といい悲壮感といい、「ワンダと巨像」の巨像みたいですね。残念ながらクマドリはワンダのようには戦えませんでした…。

 そんでようやくルフィとルッチの対面。ルフィが来たときに嬉しそうに笑ったロビンにちょっと安心しました。


BLEACH 224「Imitated Gaiety」
 ようやく起きてきた雛森と日番谷のテレビ電話。雛森、老けたなあ…。
 信じていた人物に最悪の形で裏切られた雛森。心の安定を保つためにとった方法とは、「藍染はほんとは悪くない」と信じ込むことでした。当然のことだけどなかなかに根は深いようで。
 結局今回の雛森登場は、彼女の心の傷を通じて日番谷に藍染への憎しみをたぎらせる、そのためのエピソードでしたが、この問題についてはちゃんと最後まで描いて欲しいところ。
 ところで「日番谷くんじゃなくて 日番谷隊長だ」という台詞には、二人にとってどんな意味があったんでしょうね?ちょっとよく分かりませんでした。雛森、完全にスルーしてるし。

 恋次と浦原家のほのぼの食卓。やっぱギャグパートが挟んであるブリーチは面白い。ちびっ子二人にまでバカ呼ばわりされる恋次に涙。
 チャドの能力はまるで…の次のコマが一護の虚の仮面。まるで虚の能力と言うこと?そういえば虚が出すビームに似てるような気もしますね。

 あれ、ひよ里がいつの間にかヒロイン候補になってますよ?織姫よか仲良さそうじゃん!


NARUTO No.304「裏切りの裏側!」
 センターカラー。アメコミ風の影黒塗り絵。だいぶ楽してる感じのカラーだけどカッコいい。

 サイの心変わりがあまりにも速すぎてついていけなかった。え、今まで遅すぎるくらいのペースで積み上げてきた話を、たった一話で決着つけちゃうの?心を動かす一言で任務すら放り出してしまうほど、サイは純粋なキャラにも見えなかったんだけどなあ。結局絵本の使われ方にもなんの捻りもなかったし、かなり肩すかしを食らった気分です。絵本の空白ページに絵を入れるシーンはとても良かったから、ここに至るまでの描写がもっと丁寧だったらもっと映えただろうにと残念。
 なんにしろ話ここに来て一気にサイに死臭が漂い始めましたね。死亡フラグという見えない力に、打ち勝て、サイ!(ガン種予告風に)


アイシールド21 182nd「ヒル魔VS金剛兄弟」
 雪光先輩がタッチダウンを決め、その勢いに乗ったまま守備時にもトリックプレイを仕掛けるヒル魔。オンサイドキックと見せかけて巨大なキックをたたき込む斬新なプレイだったが…司令塔・雲水の冷静な指示のもと、神龍寺は盤石な強さを崩さない。

 先週のヒキ、ヒル魔が今週も何かやってくれそうで、今週も泥門押せ押せの展開になると思ってたんですが、そうは問屋が卸しませんでした。個人プレイが敵わない今、泥門の唯一の希望はヒル魔のビックリ芸ですが、冷静な雲水にはそれすら通用しない。ある意味雲水の方がヒル魔にとってはやっかいな存在だという話でした。

 またも勝ち目薄な展開ではあるけど、神龍寺の変わらぬ強さを示してくれる納得のいく展開。一休と阿含の二人がかりで雪光先輩のタッチダウンを止められなかったのはやはりどう見ても油断があったとしか思えなくて、獅子搏兎はどうした、と思ったものですが、今週でちゃんと読者にも神龍寺メンバーにも思い出させてくれましたよ。
戦う前までは強そうだった敵が、いざ戦い始めると今までの盛り上げ方に比べて全然弱かった、なんて展開ほど萎えるものはありませんからね。互いに相手をなめたりしない、そんな戦いがやっぱり面白いものです。

 ドラゴンフライ対策としてヒル魔が持ち出した策とは、セナが阿含に対し毎プレイ電撃突撃を仕掛ける、というシンプルなものでした。これはヒル魔の策としては珍しく、プレイの前から不安要素がたっぷり。まずセナのスタミナ問題、そしてそもそも超光速のブリッツすら阿含には通用しないであろうこと。これらの問題点は、全てセナが克服しなければなりません。
 ヒル魔的には苦肉の策って感じですが、これは阿含攻略をセナに任せたのか、それともいつものごとくほかに何か企んでいるのか。多分後者だと…信じたい。


銀魂 第百十四訓「血とか包帯って…なんかカッケー 憧れる」
 結局全員一対一のバトルになるのかと思いきや…二転三転する神楽と総吾の戦いが面白かった。互いに怪我させてそのあと協力しあって戦うなんて、お前等もたいがいに仲がいいな!
 それにしても総吾って強かったんだなあ。「柳生の鼻 ヘシ折りに来ただけだ」のコマの満面の笑み、何だか別人みたい。

 あと細かいことだけど、最後に神楽が総吾を振り回すシーン、神楽が持っている総吾の脚がコマによって違ってる…。骨折した脚を握って振り回すなんて鬼畜の極みだけど、結局どっちが正しいんでしょうね?


家庭教師ヒットマンREBORN! 標的94「笹川了平VSルッスーリア」
 笹川のボクシングに対して「立ち技最強のムエタイで遊んであげる」なんて言うもんだから、本格的な格闘戦が繰り広げられるのかとちょっと期待しちゃったよ!結局のところ明らかに敵にとって都合のいいバトルフィールドで殴り合いでした。まあね…そんなものだよね…。
 チェルベッロ機関は9代目直属の中立機関と言うことになってるけど、ここまであからさまにXANXUS側に有利だと怪しすぎないか。やはり9代目はXANXUSの傀儡と化している模様。今後のバトルも不利な状況のもと戦うことになるのかな。
 しかし、小細工を弄すれば弄するほど敗北フラグが濃厚になるのが少年漫画というもの。なんで力を温存していたのかどうかは分からないけど、ルッスーリアも本気を出した了平に一蹴されそうです。


メゾン・ド・ペンギン 第11回「ネコなだけにまんまとだまされおって」
・メゾン・ド・ねこ…面白かった!「なんだ、ネコか」で納得してしまう状況のエスカレートぶりが絶妙。しかし今時こんなネタでしか使わないお約束かと思ってたら、最近のナルトでも使われてましたね。
・いとり先生…いちおう授業もちゃんとやっているということに感心しました。
・マナブ君…確かにその詰めの甘さはテストの時命取りになるでしょうとも!
・LOVE武将…武将と恋愛という組み合わせがよく分からなかった。組み合わせのナンセンスさで笑えるというほどでもないしなあ。


謎の村雨くん 第2話「ジェームスほにゃらら」
 村雨くんの葛藤、其の二。

 というわけで今週も村雨くんが正体バレについて悩むというお話でした。第一話と多少悩みの質は違うものの、やっぱり似たような地味な話になってるわけで。青葉さんに対する妙ちきりんなごまかし方なんかの方が印象に残る一話でした。
 村雨くんが、ほのぼのとしつつも悪人に対してはそれなりに冷酷にもなれる人物として描けてるのは良かったです。戦いにおいても今のところ苦戦する様子はなし、プロフェッショナルな主人公は大歓迎ですよ。

 殴って記憶を消すとか銃器分解とか、読み切り時に出てきた要素が出そろってきたので、来週あたりから話が動き出しそうな予感。


テニスの王子様 Genius306「2人の王子様」
 連載再開。話としても区切りをつけるための休載期間だったのか、金太郎と越前が出会うという節目の話になっています。
 冒頭に出てきた桜乃に、ああこの漫画にも女の子という概念は存在していたのかと安心しました。私がテニプリを毎週読むようになったのは沖縄戦あたりからですが、それ以前からもちらほらと読んでいたにも関わらず誌面上で女の子の姿を確認したのはこれが初めてだったもので。
 話を動かす為に脈絡もなくひったくりを登場させるセンスとか、ああ相変わらずだなあと安心?しました。とにかく無駄に頭の悪そうなひったくりのインパクトが凄い。人の多いところで犯行を行うわ、インライン履いてるのになぜだか植え込みの方に逃げるわ、笑い声や悲鳴が人外だわ。

 アオリ、伊武を…一蹴!!?って、一蹴しすぎだろうと。「コシマエ、待っとってな、はよ戻るわ!!」のコマから多く見積もっても三分くらいしか経ってません。テニスってそんなスピードプレイが可能なのか!


DEATH NOTE page.106「殺意」
 三ページ目の最後のコマ、ライトの等身がやべー!なんて、変なインパクトの出だしで始まった今話でしたが、何とも壮絶な一話でした。

 駆け引きで破れ、口でも言い負かされ、遂には隠し持っていた切れ端で実力行使に及ぼうとするライト。ニアさえ殺せば何とかなると考え、書き込む姿を隠そうともしない強引な手段でしたが、ニア側にライトを殺す気がないというのなら有効なやり方かも……と思ったら、ここで松田がやってくれました!
 先週の最後のコマ、目に黒い光をたたえていたからもしやとは思ってましたが、今までヘタレだったのはここで輝かせるための布石だったのか…。
 最終的にライトにとどめを刺したのが、今まで馬鹿にしきっていた日本警察だったというのが感慨深い。従順な下僕と思っていた魅上からもここに来て否定され、ここまで権威を失墜させられた主人公なんてそうそういないんじゃないでしょうか。

 ここ最近の展開には賛否両論あるでしょうが、私としてはクライマックスにふさわしい盛り上がりを描いてくれたことに満足しています。ほんとここ最近のデスノは高密度で面白かった!結局主人公サイドが敗れちゃったけど、ライトのゲスっぷりが徹底して描かれた第2部のオチがライトを徹底的にたたきのめすというものになっていたのは、なかなかにすかっとするものもありました。
 次号タイトル「幕」ですか。やはり第2部「幕」ということなのかな。今後の展開を心して待ちましょう。

 あと、アトヒキの「無様、月!!」てのが何だかおかしかった。言われなくてもわかるよ!みたいな。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第68条「在り処」
 トーマスがまたもや新技披露。床全体に広がって何でも吸い込む、第12使徒みたいな能力でした。こんな閉鎖空間で使われたら手の打ちようがない技ですが…ここでまたもロージーの出番ですか!なるほど、煉が多いというのはこういう場合にも有効な特性なのね。ロージー、強いじゃん!
 追いつめられててそんな余裕がなかったとはいえ、なんのためらいもなく渦の中に飛び込むロージーにはちょっと違和感あるなあ。いくら何でもいきなり根性つきすぎだろ!とか。今の彼は、ムヒョのためにやれることは何でもチャレンジしてみよう、という心構えだから、どんな危険なことでもほいっと飛び込んでしまえるような視点なのかもしれないですね。頼もしいっちゃ頼もしいですが、何だか危ういような気もします。
 ここでまたキリコも登場!こいつも意外に大活躍だなあ。というわけでこいつを運んできた以外にほとんど何もしなかったナナちゃんの役立たずっぷりが際立ちます。頑張れ!

 ようやく次号決着のようで。ゴリョーとエビスの話が早く見たい。


魔人探偵脳噛ネウロ 第58話 X【せんしょくたい】
 今週のネウロは面白かった!今までで一番面白かったかも。

 一人Xと対峙するネウロ。戦いの前の一瞬、ネウロは自分が人間に近づきつつあることを告白し、逆に化け物に近づきつつあるXは衝撃を受ける。
 一方そのころ、ヤコはXが解き残していった謎を由香に説明するのだった…。

 いやー、今週は構成、演出共に一級品でした。ただの人間に近づきつつあるネウロと比較して、それとは逆にネウロの領域にまで変化してゆくX。二人の間の差が縮まっていく演出として実際にネウロと同じ重力を無視した方向に立ってみせるシーンなんて鳥肌ものです。ネウロはいつも通り偉そうにしてるけど、出現させたカギ爪は一話の頃と比べて明らかにランクダウンしてます。

 そしてヤコは、絵石家塔湖は由香をどう思っていたのか、という、この家族に残された最後の謎を解き明かします。穏やかな顔で諭すように話すヤコに、今までになく大人な一面を感じました。そしてそこで枠外に「桂木弥子」のサブリミナルが!4ページ前の決め台詞をいうネウロのコマのところのサブリミナルと併せて、桂木弥子探偵事務所は二人で一つなんだということを再認識させられて、凄い燃えた。今までお遊び要素として入れられてきた欄外サブリミナルまで演出に使ってしまうとは!やるなー。

 ヤコの「他人の正体を見抜く能力」が、自分の正体を探しているXとの戦いにおいて切り札になるかと予想してましたが、先週の話で観察能力においてもXはヤコを上回っていることが明らかになりました。これは結構意外な展開ではありましたが、でもまだ終わったわけではありません。いくら観察に秀でていても、自分のことはなかなか見えないもの。第2ラウンドでは頑張って欲しいものです。


みえるひと 第三十八譚「勝機」
 明神の超速移動の正体は、剄を足に乗せることによる脚力強化でした。あー、普通に念能力ですね。
 互いの手を掴み合っての技の出し合いはカッコいい。しかし剄櫻を放ったあと決め台詞まで言ったのに、実は倒してなかったってのはちょっと間抜けだ。
 最後にコモンが新技出して終了。頭ナデナデでビタミンを補給しようとするガクがどう動くか?


ツギハギ漂流作家 第12刷「スマッシュ/スマッシュ」
 ヒットすら出せそうな気配はなかったって、アヤウンプティーの森では傘一本で怪物をなぎ倒しまくってたと思うんだけど、あれはヒット無しの攻撃だったんだ…。一体どれだけ頑丈な傘なんだ。
 描写的に伊勢さんが何だか怪しげだなあ。今のところ特に何もしてないキャラだし。この島の秘密と関係あり?
 そしていきなりスマッシュの大安売り。いい感じでインフレ進行中だなあ。今後出てくるキャラは全員標準で会得してそう。しかし、自分がスマッシュを打てることを最大の誇りに思ってそうな継人は何だかしょぼい。


太臓もて王サーガ 第37章「みんなで誕生日」
 表紙といい内容といい、普通に和みました。幸せ者じゃないか、宏海!こういう和み話もちょくちょく入れてくれると嬉しいなあ。
・「今までお誕生会やったことないから…」の後ろのイラスト、実際にあったことなのかイメージなのか…寂しすぎる!
・「やはりこの2人は最高だ!」そんな赤木みたいな口調で言わんでも!
・伊舞も順調に宏海いじりキャラになってくなあ。宏海、敵は多い!
・無表情でハッピーバースデーのポージングをするあいすが可愛い。


べしゃり暮らし Vol.22「殿堂入り」
 圭右の父親の芸人嫌い、その真相。
 うーむ、確かにこれは酷い話。つーかこの芸人は何を考えてるんだ。ネタとしてはありかもしれないけど、それなら普通店名までは言わないでしょう。具体的な店名を出した以上けなすようなことを言うべきではないでしょうに。恐らくネタはネタで別に考えてて、実名を出したのは彼らなりのサービスだったんでしょうけども。考えが足らなさすぎるよなあ…。
 本心はどこにあれ笑い飛ばすだけで済ませる父親はカッコいいですが、真の悲劇はこの後に起こるようです。このせいで店の経営が傾いて心労で母親が倒れるとか、そんな展開でしょうか。


ピューと吹く!ジャガー 第239笛「よーしアレだ…例のあの対決だ!」
 ピヨ彦&サヤカペアと、ハマー&ビューティ田村ペアのラブラブ二人羽織対決。ビューティ田村はたいてい恋愛モノ少女漫画パロとして用いられますが、今回はもう全然パロにもなっていませんでしたね。普通にちょっと萌えた。このツンデレカップルめ!



 村田先生ご結婚おめでとう!誰もが笑顔について触れてるけど、どんだけデレデレしていたのかと。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2006/04/27(木) 11:04)

<<空白のGW・ゲーム編 | ホーム | ヤンなるほどハマるらしいでガス!!>>

コメント
  あれ?
タ カ ヤ は ?
URL | こうめてい #KwC7fVnI | 2006/04/27(木) 23:16 [ 編集 ]

 
え?タカヤ?
はは、やだなあ、学園でトーナメントする漫画なら10週ほど前に終わったじゃあないですか!


…いや、読んでないわけじゃないんですけどね(たまに読み飛ばすけど)、遅筆なものでなかなか全作品感想とはいかんのですよ。感想書いてもきっとツッコミしか書かないでしょう。
URL | 機織 #cxq63l9s | 2006/04/28(金) 07:44 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/41-3dd36a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。