マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ27号感想
書いてたら寝オチしちゃいまして、ついに究極の翌週月朝更新。
これを体験すれば、もう怖いものは何もないぜ!


週刊少年ジャンプ27号感想
 表紙はリボーン。この作品も表紙、巻頭カラー頻度が高くなってきました。


家庭教師ヒットマンREBORN!!
 巻頭カラー。相変わらずメリハリのある主線と彩色が見応えがあります。別な感じのカラーも見てみたいんだけど、描かないのかな…。

 人格の変わっていない状態で敵に向かってタンカを切るツナ。その後の強くなりたい宣言もあわせて、彼もようやく覚悟が決まってきた模様。このマンガはギャグの時代からツナの成長物語としても描かれていたから、このような明確な成長の描写は作品全体から見ても重要な位置づけのはず。それをちょっと軽く流しすぎかなーと思いました。
 ツナらしさを残しつつも闘う意志をみせ、リボーンにもボスの資質を認められる、そんな彼は純粋にカッコよかったですけどね。
 XANXUSの笑い顔が普通の気のいい兄ちゃんみたいで、ちょっと面白かった。


NARUTO No.309 九尾との対話!!
 サスケの普段の冷めた言動と、兄への復讐に偏執的に執着する姿がどうにも重ならない。そんなに固執するまでの復讐って、もっと激しい感情があるべきじゃないですかね。単にクールぶってるだけならまだいいけど、ナルト達に自分の復讐に対する覚悟を語ってるあたり、なんだかガキっぽさを感じてしまいます。自分はこんなに悲壮な運命を背負ってるんだぞー、復讐に生きるなんてカッコイイだろー、みたいな。狙って描いてるのかもしれません。実は単なる"構ってちゃん"だったというオチで。


ONE PIECE 第413話 "狩人"
 ここでサンジ登場かー。確かにあれでリタイアじゃ悲しすぎるけど、ここはナミとそげっプだけでの戦いをみてみたかった。それとここまでバトル要員が入り乱れるなら、結局最初のバトル組み分けは何だったんだという気分になりますね。ナミとか、クマドリ→カリファ→カクとルッチ、三つの戦闘に順番に関わってることになるし、全員で行動して各個撃破してた方が早かったんじゃあ?


アイシールド21 187th down アヴェ・マリア
 先週のヒキは結局フェイクかよ!フェイクのヒキってのはあんまり好きじゃない私。演出としてちょっと卑怯ですよね。「猿知恵の予感!」とか言ってたからぎりぎりフェアかもしれないけど。

 そんなわけで、作戦も何もない、選択肢としてこれしかない、という理由でのロングパス。条件としては今までで一番厳しいというのに、モン太にどのように捕らせるのか。「聖母に祈るヘイルメリーパス」だなんて、神頼みって点でも絵的な面でもヒル魔にはなんて似合わない…と思ったらさすがは悪魔の司令塔、やってくれます。さて、どのようなドラマを経てこのボールがモン太の手中に収まるのか、今週も気になるヒキだなあ!



BLEACH 229.The Howling Tempest
 おお、いきなり一ヶ月経っとる。ブリーチとしてはなんて早く過ぎる一ヶ月だ。

 開発した浦原すら知るまいって、ンなこたァないだろ!一体どういう開発の仕方だったんだ。なんにしても崩玉がどのような能力を持っているかが具体的によく分からないので、どうにももどかしさがたまりますな。最近のブリーチは多方面で情報不足ですよ。
 そしてここでまた来襲してくるのか。織姫を拉致監禁するのが目的なんでしょうが、なんかこう、現世に戻ってきてからというもの展開がワンパターンのような。バトっては修行、また誰かがバトっては修行、の繰り返しというか。いや、尸魂界編以前もそうだったんだけど…何が違うのかな。主人公サイドが完全に待ち受け体勢だからかな。話はなんだかんだで進んでいってるんですけどねえ。

 ギャグパートは相変わらず面白い。ひよ里の死神解釈が斬新すぎて感動した。


銀魂 第百十九訓 言葉には裏がある
 結局お前等も紙持ってたんかい!まあお札は使用後もお札として使えなくもないですからねー。
 そして九兵衛が女バレ。ということはやはり、この作品初のキスシーンは女性同士のものだったのか。最近のトレンドを的確に突いてきてるなあ…。ああ、これも来週が気になります。みんなどのような反応を示すのか。


エム×ゼロ M:5 パーティー結成!?
 愛花の「つ…次は怒るからね!!」が卒倒するのもうなずける可愛さでやばかった。あ~もう今週はそれしか印象に残ってないや。


To LOVEる-とらぶる- トラブル6 狙われた少女
 デビルーク星人はみんなこんな周囲を顧みない性格なのか。そんなわけでララとの恋愛と世界の運命が直結してしまったリト。これがセカイ系ってやつか…(だいぶ違う)。
 今週の入浴妄想は思いのほかエロくてちょっとびっくり。こいつ(作者)…成長している!?ヒキの春菜緊縛プレイとか、ああもうどんな風に大変なことになるのか気になるじゃないか!


D-Gray-man 第76夜 亡失解除
 ようやく復活。扉絵のどうみてもパンツはいてないリナリーをみて、改めてこの作品の重要性を思い出しました。
 しかし本編の方は、そんなことも言ってられない重い展開。ほんときっついなあ…ミランダの能力は。栄えある初陣でこんな目に遭って、彼女の心が持つか心配です。しかも彼女の能力が生かされる時は、こんな地獄が必ず待っているわけで…。イノセンス二次解放では実際に治癒できるようになるんじゃないかとみた。
 何にしろこのシーンでしっかり一話使ってくれたのはよかった。航海編を締めくくる重要なエピソードですしね。連載再開時の一話としては微妙だけど…。
 そしてラビ、意外と軽傷でした。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第73条 パンジャ
 センターカラー。カラフルでありながら統一感のある、とても綺麗なイラストです。西先生のカラーはやっぱりセンスいいです。
 貞子スタイルのパンジャが思いのほか美少女で嬉しい誤算。初登場時くらい崩れた顔かと思ってました。いずれはああなるんだろうけどね…。
 そんなパンジャに操られた人々の描写がすげー怖い。久々にムヒョロジらしいホラーシーンをみました。ほのぼのとホラーが同居している西先生の絵柄はとても貴重だと思います。


魔人探偵脳噛ネウロ 第63話 火【ひ】
 マッチ売りの弥子が見る幻は、やっぱり食べ物だけなのか。ネウロに焼かれちゃったけど、弥子が幻に魅入られて凍死するのを防いでくれたと考えられなくもないです。
 前回のヒキの燃え燃え放火魔事件、今週でいきなり犯人特定にまで行ってしまいました。春川教授の関係者とわずかながら空間を共有しましたが、今後どのように関わってくるかはまだ不明。何にしてもちょっと特殊な構成をしたシリーズです。どんな仕掛けがあるのやら。


太臓もて王サーガ 第42章 うわさのキッサ
 「千円追加で女の子がチョコバナナをほおばりまーす」というサービスが新しかった。でもメイン読者層の小学生は「え!?なんで!?パパ!」といっている男の子と同じ反応かもしれません。


テニスの王子様 Genius311 無我の奧を探求せし男
 わははは!さすがにここまで来るとギャグだよね!?
 まず、無我を科学的に分析するために脳波を測定~のくだりで第一波の爆笑。いやー、このマンガで「科学的」なんて単語を聞くことになろうとは。そしてその後の「百錬自得はやはり無我だったんだ」というセリフもなにげにかなり面白い。ちょ、会話の異常性にみんな気付こうよ!
 そして才気煥発の極み発動でトドメを刺されました。ページをめくったらなぜかキラキラした千里が!もうね、思ったより普通じゃん、じゃないから。君たちちょっと慣れすぎです。
 見た目の面白さとは裏腹に、能力は試合の流れを予知するという地味かつ面白くないもの。いや、強いんだろうけど、こういう予言系の能力は得てして、予言が覆されて「バ…バカな…」と立ちつくしたり、「自分が負けるイメージしか見えない…!」みたいなことになるんですよ。バトルマンガにおいて、無敵に近い能力は逆に役立たなくなるという不思議な法則です。


みえるひと 第四十三譚 パラノイドサーカス
 籠城戦に持ち込むという展開が、バトルマンガではあまりみられないので興味深い。しかし、組織的というわりには散発的にやってくるなあ。
 前明神が雪乃に対して敬語を使うようになったって、これはどういう意味のある事実なのかな。無意識的に距離を置きつつあるということ?


ピューと吹く!ジャガー 第244笛 正しい社会見学
 ダメダメなピヨ彦の実家を訪問。働かなくても食べていけてるんだったら別にいいとは思いますがね…。まあふえ科の人々もニート予備軍だから結構身に迫るものがありそうです。高幡くんの「がんばろうって思いました」がトドメを刺す感じで結構酷かった。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/12(月) 08:35)

<<週刊少年ジャンプ28号感想 | ホーム | ダンジョンについて語ってみる/イヅナ発売>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/53-0b34edf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。