マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ29号感想
今週は何とか早めに仕上げられました。
しかし最近のエントリーはジャンプ感想ばっかですね。そろそろたまった漫画感想を消化します。
あとイヅナの感想も。



週刊少年ジャンプ29号感想
 表紙はワンピース。何とも爽やかな青空ですが、今は梅雨まっただ中。ま、グランドラインは天気が不安定ですからね(関係ない)。


ONE PIECE 第415話 "ヒートアップ"
 第三回人気投票結果発表&巻頭カラー。
 上位7位を味方キャラが独占という何とも順当な結果。確かに決まったライバルキャラってのがいないマンガですもんね。やっぱりここ最近の展開を反映した結果になってはいますが、そんななか敵キャラ人気トップのミホークさんは強いなあ…。作品全体からみるとちょっとしか出てないキャラなのに。ほんとインパクトのあるキャラだったんだなあ。

 今回は表紙もやや手が込んでいたためか、巻頭カラーイラストはシンプルめ。でも相変わらずこのセンスはいいなあ。こんなシンプルな背景だからこそ、いかに丁寧な仕事しているかがよく分かります。カラーの完成度を決めるのって、結局のところ丁寧さなんですよね。

 サンジ、怒りのヒートアップキック!
 な、なんだ!?この技は!ワンピースは一時期読んでなかったからよくわかんないんですけど、この技って今回が初出ですか?いきなり人外の技を繰り出されてびっくりした。あれですか、回転の摩擦熱によって黒体が光を発するくらいの温度まで加熱してるんですか。ってそりゃ自分の方がダメージ食らうわ!脚に何か仕込んでるのかなあ。
 というわけでサンジVSジャブラ戦決着…かどうかは微妙なところ。こうやって大ゴマ新技発動で終わった回は、次の回でも普通に戦闘が続くのがトレンド。少なくともここ最近のタイマンバトルではそうだったけど、今回はキメ技前にも結構なダメージを与えてるので、本当にこれがトドメかも。


BLEACH 231.The Mascaron Drive
 冒頭のやりとりをみて、
 「紀甲半島沖にて巨大な潜行物体発見!」「パターン青!使徒です!」「エヴァの発動を承認!」
みたいな情景がものすごい勢いで思い出されました。どうやら反応の色によってアランカルとエスパーダを区別できるみたいだけど、ころころ入れ替わるエスパーダのメンバーを常に区別できるんでしょうか。どんな技術だ。

 腕がなくなっちゃったことを指摘されて苦しい挑発をするグリムジョー萌え。いやほんと、事情を知ってる読者としてはギャグにしか見えません。あー、やっぱ好きだわこの人。虚化する一護に対しても織姫ばりのナイスリアクションだし。
 というわけで悪・即・斬て感じの奥の手披露。白哉戦とはえらい違いです。おそらく卍解したジョーに防がれるんでしょうが…。そのあと覚醒して虚化維持時間延長、という流れかな。
 一護の戦闘は(一護に限ったことではないけど)一護が強くなればなるほど攻撃力にものを言わせた単調なものになっていくけど、作画面での演出はどんどん切れ味を増していきますね。まあブリーチはこれでいいです。

 No.6のルピルピ、まとめて相手しちゃうよ宣言。こういうことするから悪役は負けていくんですよ。もしエスパーダに雲水並みの慎重派がいたら尸魂界は終わりですね。ここでNo.6が負けるようだったらエスパーダの格も知れたものになってしまいますが、崩玉が覚醒したらきっとまたメンバーが入れ替わるので問題なしです。

 そしてついに浦原参戦!これはこれで楽しみだけど、夜一さんが一緒に参戦するかも知れないのでそっちのが楽しみ。更に砕蜂もやってきてくれると尚良し。


銀魂 第百二十一訓 普段 眼鏡をかけてる奴が眼鏡を外すとなんかもの足りない パーツが一個足りない気がする
 新八参戦、しかし歴代敵キャラのなかでもトップクラスの実力を持つ相手に手も足も出ず、足手まといになるばかり。
 銀さんに護られる新八というところから、お妙さんを護る護らないの話に繋げていき、実際のところ九兵衛自身もいろんな人に護られていたんだという結論に繋げる流れが見事。そして相変わらず銀さんは極限状態になると仲間想いになります。少しは三橋みたく照れろ。ま、照れられると余計はずかしいけど。

 新八が劣勢だったのは眼鏡がなかったからかい!なにその「実はおもりつけてました」的展開。燃える展開ではあるけど、新八がハンデの有る無しでそこまで強さが変わるとも思えないなあ。


NARUTO No.311 あだ名
 カカシ先生、いつまでその本読んでるんだ!読むのが極端に遅いのか、それとも同じ本を何度も読み返すタイプなのか…。
 冒頭シーンでサクラが探してる本棚に「グリーンハーブとレッドハーブ」という本があるのに笑った。バイオかよ!
 ああ、サイよ、毒舌キャラは毒舌キャラだけど…ちょっと違う!求めていたのはそんなんじゃないんだ!…とりあえず照れてる状態がデフォルトなのはやめようぜ。
 そしでナルトが新たな修行へ。ナルトにしかできないってことは、やっぱり九尾の力絡みですか。虚化制御みたいなことをやるのかな。それにしても第一部から第二部の間の三年間、本ッ当に意味なかったんだな…。


家庭教師ヒットマンREBORN!!
 チェルベッロ機関の人、双子キャラってワケじゃなくてクローン人間か何かなのか…。だったら別に二人いる意味ないじゃん?
 相変わらず笑っちゃうくらい過酷な条件のフィールドでのバトル。相手は風を利用して攻撃してくるけど、獄寺が特訓してた技もそんな感じだったような。まあそこら辺に勝機があるんでしょうね。

 今週はシャマルの乳揉み描写が素敵でした。


To LOVEる-とらぶる- トラブル8 真の姿
 鳥山明風デザインのギ・ブリー、しかしその正体はマジタニでした。まあ最初の敵はこんなものですよね。まあそれでも、リトはそれなりに勇敢かつ打算的な奴だということが示されました。今後本当に強い敵が現れた時も、安易に強くなったりせずに巧いこと立ち回ってくれることを希望。
 今週はエロは控えめ。それでもパンチラはしっかり入れてくるようになりました。「悪趣味な生体メカ!」って、それは矢吹先生の趣味じゃないのか…。触手が一本短パンの中に入り込んでるよ!


メゾン・ド・ペンギン 第18回 何回か騙されて迷惑メールだと気付いた
・管理Pさん…おお、初めてのメインだ。でも今はバカ彦くん探しの旅に出てるんじゃなかったっけ…。タマちゃんはほんとどこ行ったんだろねえ(世間的に)…。
・部長と課長…DSネタに笑った。しかしボボボとネタ被ってましたねえ…。
・いとり先生…こんなドロドロ関係も持ってるのね…。むしろまともな人間関係を持っていることにびっくりだ。


アイシールド21 189th down No.1を哮るもの
 レシーバーとしての才能では劣っていても、捕球能力という点では一休よりも上。それを生かしてヒル魔との連携で一休に競り勝つという展開は、熱いし巧い。
 それが先週の展開でしたが、ロングパス勝負が終わったそのあとの両者の関係をしっかり描写してくれたのはうれしい。この二人にはしっかりとしたライバル関係が成立してなかったし、共に負けん気が人一倍強いので勝負事の結果ははっきりさせておきたいんでしょうね。
 モン太と一休の、負けてたまるか!という気迫はカッコいいし、一休のそういうところを評価している阿含もまたしかり。その二人をみて密かに闘志を燃やす桜庭くんにも期待大です。こういった「No.1にこだわる姿勢」というのがこの漫画ではたびたび描かれてきましたが、アメフトというスポーツそのものにこういった思想が強く流れてるみたいですね。
 なんだか押せ押せなムードになってきましたが、そうなればなるほど阿含のSの血が騒いできます。「その程度素で出来んだよ!」といわんばかりにデビルバットゴースト発動。阿含の天才性を改めて示す面白い展開だけど、DBGは最近はカマセ技として定着してるのがちょっと残念。
 なんにしてもここで抜かれちゃったらこの上なく厳しくなります。果たしてどうなるのか、待て次号。


太臓もて王サーガ 第44章 奇行選挙動乱
 生徒会長選挙編。矢射子の妄想通り阿久津が会長になっても面白かったかも…とも思いましたが、まあ順当に(?)太臓が当選。木嶋の「やはり生徒会長はもてる奴がなるべきだ」という意見と、最後のアイシールドパロが面白かった。なにげに色裂色番も走っていってるし。木嶋が吉下ラブという情報は今回初めて知りました。


テニスの王子様 Genius313 オーダー発表
 『天衣無縫の極み』に一番近いのは遠山金太郎!…らしいですが、それは一体どういった基準で言っているんだろうか。金太郎が近づいてるってのは分かっても、越前よりも近づいてるって判断する理由が謎ですね。ついでに言うと、まだ体得していない技なのに、もうすぐ体得できるかもという理由で相手を挑発するのはどうしたものか。
 あとはオーダーを決めただけで、今週は特に見るものも無し。手塚のダブルスというのはちょっと楽しみですね。


エム×ゼロ M:7 3時間目・魔法実習授業〔屋外〕
 魔法実習授業でのゴタゴタ話。今回も少し魔法についての情報が明かされました。それなりに設定も考えてるみたいだけど、今のところ魔法が使えない主人公がドタバタすることにしか役立ってないので、なんのために魔法が存在してるのかなどといった根本的なこともそろそろ知りたい。
 今週の話もつまらなくはないんだけど、別に無くてもいいような内容であるのは確か。そろそろ明確なストーリーが欲しいかな。

 親バカな柊先生がちょっと良かった。こいつもザスティン同様オチ担当なのね…。


みえるひと 第四十五譚 惨劇
 タイトルで警戒したけど、別にそれほど惨劇でもなかったな。
 というわけで、なんか外道っぽい人も出てきてどうなることかと思いましたが、ゴウメイの性格をうまいこと利用したルール提案で事なきを得ました。澪にとっては事なきを得てないけど。澪の、自分はともかく仲間は何とかして護るという年長者の責任みたいなものの描写が格好良かった。こういうキャラは得てして死んじゃうんだよなー…。でも相手が外道系だから逆に安心か。


D.Gray-man 第78夜 メッセージ フロム ジャッヂ
 えーと、つまり何?ノアの方舟は日本に流れ着いてたってこと?しかもお城の下に。
 しっかし江戸、これはどう見てもラストダンジョンですよね。最強レベルの敵は歩き回るし、何よりお城だし。レベル3一匹相手にあんな苦戦したのに、こんなたくさんやってきて本当に大丈夫なのか…。このマンガもなにげに敵のインフレが起こってますね。この大量のアクマも、なんだかクロス元帥のカマセ犬になりそうな予感。


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第75条 小さな出来事
 いきなりえっらいピンチになっているもんだなあと思いましたが、案の定ムヒョの策のうちだったようで。一応笑い方という伏線が張ってあったのね。気付いた人いるのかなあ…。
 悪霊化していくパンジャの映像が衝撃的だなあ…。パンジャは今までになく美少女に描かれていたからなおさらです。こういうところ容赦ない作品だ…。でもやり残してることに天国に行くことが入っているのはちょっと欲張りだよね。それだといつまでも悪霊になれないじゃん!
 ロージーにしてはちょっとした出来事…。そんなちょっとしたことでこんなストーカーを呼び寄せちゃうんだから困ったものですね。さて、呼び覚まされた記憶でこの事態にどのような決着をつけてくれるのか。


魔人探偵脳噛ネウロ 第65話 犯【やりたい】
 こちらでもキャラクター人気投票発表!
 人気投票一位はネウロ、"犯"人気投票はアヤ・エイジアでした。この扉絵は優雅でいいなあ…。このカップリングもアリですね。
 その他順位もだいたい順当かな。Xが意外と低い…。至郎田シェフはやっぱり強いな!そして生きてる状態では一回も出てこなかった早乙女金融の社長さんが5位に来てるのがすごい。愛ある人物が大量にハガキ送ったんですかねえ。
 ユキが弥子のブレザーの裾をくいくいしてるのはエロいよ!

 東京銘菓人間サブレ!…あー、サブレはいいよね。鳩サブレはかなり好きです、うん。お見舞い品なのについ食べちゃう弥子と、笹塚さんの「…足ばっかだな」というコメントに笑った。
 先週の放火魔、あまりにも唐突な変貌をみせた犯人でしたが、やはり裏で春川が絡んでいた模様。電子ドラッグとは、またありそうでなかった発想。「部屋を暗くして画面に密着してみてね」とは、春川教授もユーモアのセンスがあるな。先週のタネ明かしはともかく、「人が犯罪に走らないのは願望よりもリスクを恐れる理性の方が強いからだ」というドライかつ真実を突いた意見が興味深かった。
 ヒグチ(漢字が出てこない…)は少しだけでも実際の映像を観たことになるわけで、どうもそこら辺が不穏ですね。今後犯人側に回っちゃいそうな予感。

 イビルスクリプトは図形を頼りに検索出来るのか…。魔界の技術はパターン認識分野においても発展してるようで。この図形は春川英輔のサインかなあ。春川のHと英輔(A輔)のAで。
 話は一気に攻殻機動隊の様相を呈してきましたが、やはりネウロの弱体化は大きく絡んできてる様子。以前は攻性防壁などものともしなかったというのに。ひとまず電子回路の謎解きから始めるんでしょうか。


べしゃり暮らし Vol.27 漫魂
 ついに学園祭開催。炭谷は嫌な奴っぽく描かれてるし、玉木くんはがんばってなにやら企んでるし、決戦に向けての舞台が着々と整えられてる感じ。玉木くんのコンビ名ミスはこういう場合ではむしろおいしいのに、そういう風に考えられないあたりまだまだ未熟者ってことですか。
 いーいタイミングで親父も自分の過ちを認め、クライマックスに向けての準備は親父の方も万端ですね。しかし先週もそうだけど、仕事中にそんな感傷に浸るなよ…。お客さん減りますよ!

 と、せっかく盛り上がってきたところで打ちきりのようです。打ち切りはしょうがないかも知れないけど、せめてあと三週くらい待ってくれたら綺麗に終われそうなのになあ。まあ来週を見てみないと何とも言えませんがね。
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/22(木) 15:29)

<<デスノート劇場版感想(※『続きを読む』以降ネタバレ有り) | ホーム | 週刊少年ジャンプ28号感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/55-23f01082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。