マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ33号感想
あああ、ちょっと忙しくなっただけでこの有様だ…。
どうも複数のことを並行してやれないワタクシです。

そんなわけで今週は一週間以上遅れた上に縮小更新です。
今号のMVPはワンピースかな。素晴らしい盛り上がりであります。
そしてナルトが色々興味深かった。


週刊少年ジャンプ33号感想
 表紙は新連載のOVER TIME。えーと、主人公は後ろの奴だよね…?


OVER TIME 第1話 九回裏
 新連載。作者は以前本誌で読み切り「ウサギとカメとストライク」を掲載した人っぽい。題材は読み切りと同じ野球。パステルカラーを背景にしたポエムから始まってびっくりしましたが、どうやら純粋な高校野球ものというわけではなさそう。

 「鷹見を甲子園に連れてって!」
 というわけで、なんだかタッチリスペクトの香りがする幽霊モノ野球マンガでした。終盤までえらくゆっくりしたペースで話が進んで、ちょっと飽きてきた頃にこんな展開だから、まあ割といい意味で予想を裏切ってくれましたけども。
 第一話はこのサプライズがメインで、今後どのような話になるかはよく分かりません。でも真っ当に野球をやる気はなさそう…かな?ヒカルの碁的な設定で本格野球マンガになるのかも知れませんが。
 まあ、まだ主人公二人の行動原理も分からない段階なので、来週以降を待ってみましょう。でも男に羽根を生やすってのはどうかと思うよね。


ONE PIECE 第419話 "英雄伝説"
 そ、そげキングー!!
 やべー美味しすぎるこいつ。ここ数ヶ月のバトル展開のなかでも一番かっこよかったんじゃないでしょうか。しかし強風の中寸分違わず狙うとか、パチンコで銃弾よりも威力ある弾を飛ばすとか、彼もいつの間にか十分人間離れしてたんだなー。
 これだけの腕があったら今後のバトルでも役に立ちそうだけど、惜しむらくは狙撃って基本的に一方的なものだから、ジャンプ的バトルにはあまり向かない戦い方なんですよねー。ビルの屋上から狙撃していたアーチャーだって、結局は白兵戦でやられちゃったわけですし。というわけでこういう一方的にやられてもいい奴相手にしか今後とも活躍しなさそうなのが彼の報われないところ。
 ま、今週がそげキング株のピークでしょうし、惜しみない拍手を送っておきます。


BLEACH 235.The Frogen Clutch
 あー、ルピを囲んだ氷、まだ残ってる…。氷系の攻撃は相手を砕いて締めなので、わざわざ砕けてない氷を描写したってことはルピは死んでない可能性が十分にあります。日番谷くん、先週あんなこと言ったんだから、ルピを砕くまで「残心」の気構えを解いちゃダメですよ!
 浦原さんは分析系の強さ、及びひみつ道具遣いのスキルを持ってる人でした。もー、ブリーチらしいハッタリ描写なんだけど、先週先々週ビビリ過ぎだよ!あんなの見せられると、今週の余裕綽々の言動もなんだか強がってるようにしか見えないです。

 ルキアはほんと一瞬だけ役に立つなー。ここにも残心て言葉を知らない人が一人。後方援護に徹すれば強そうなのに…。ここら辺でチャドだか石田だかはたまた黒崎パパだかの乱入がありそう。


NARUTO No.315 特別な修行!!
 …………へぇ~!
 いやこれ気になってはいたんですよ。影分身で作られたもう一人のナルトってちゃんと人格を持ってる一個の人間みたいだから、自己保存の本能だってあるはずなのに、「ボン!」と煙と消えてしまうことになんの恐怖も感じていないのか、と。こういうことなら納得…かな?分身が解けるまでは独立した人間なんだから、やっぱり消えるのは怖い気もしますが…。残念ながら分身したことはないのでどんな感覚かは分かりません。影分身が実はスゴイ技だと言うことは改めて身にしみました。

 それはそうと、この影分身を用いた修行ですが……修行ってそんな単純な足し算じゃないだろう!一個の人間がどれだけ時間を積んだかが大事なのであって、二人に分かれて修行したとしても、やってることが同じなら行き着く先は同じですよね。
 まあ、修行をいろんな段階に分けることが出来て、それぞれの分身にレクチャーが付くっていうのなら話は違いますが。それと今回の修行は技を習得するためのものであり、基礎体力の上昇といった必ずしも継続を要する性質のものではありません。技術を習得する際、まあやっぱりそれなりの訓練時間は必要ですが、ときたま偶然的にコツを発見して一気に上達する瞬間があるものです。コツをつかむ確率を上げる目的ならば、まあこの並列処理にも意味はあるのかな。
 とりあえずテスト前に一夜漬けにはすごく役立ちそう!欲しいなー、この能力。

 チャクラの性質判断は…だれもが突っ込んだことでしょうからあえて僕がいうことでもないけど、どう見ても水見式です。
 先週、「チャクラの性質変化」なんて単語が出てきた時点で何となくハンタっぽい雰囲気が漂っていたのに、今週で敢えて更にハンタっぽいアイテムを出す理由が分かりません。性質識別の方法なんて、もっと別のやり方色々考えつくでしょうに…。


アイシールド21 193th down TIME CONTROL MAGICIAN
 やー、先週はルールもろくに知らないのによくもまあ適当なこと書いてるなあ……。はっはっは。

 というわけで、タイムアウト以外の時計を止める手段を用いてギリギリの攻撃を続ける作戦でした。フィールドの外に出たら時計が止まる→神龍寺は当然フィールドの外に出るのを阻止する→中央が手薄になる、という論理がとても説得力がありました。西部戦のラストで言っていた「残り時間が少なくなって勝ちに入った奴ほど 実は攻撃の幅が狭まっている」というのがまさにこれですね。
 ヒル魔の思惑が見えた以上、雲水のことだから定石通りの外側死守を続けてくるとは思えません。二人の読み合いが勝敗を決しそうですね。こんな試合終了ギリギリになってもまだ、胃が痛くなるくらい目が離せない試合だなあ…。


To LOVEる トラブル12 真夏のパパラッチ
 この不審人物、ここまでだめ押しされると絶対にただの人間だよなあ…。
 まあそんなことはともかく、胸をもまれるララも別にいいとして、今週の見所は着替え中の春菜ちゃんですよ。露出自体は普段の制服姿とほとんど変わっていないのに、そのスカートの下には何もはいていないという事実が加わるだけで、画面から伝わってくるエロスは段違いです。直接的でないエロの求道者たる私にとっては、このワンカットは完璧でしたとも。
 それでも今週は控えめでしたけど、来週はなんだかすごいことになりそう。最後から2番目のコマ、よく見えないんだけど何か仕掛けてあるの?


D.Gray-man 第82夜 そしてアレンは歩いていった
 うーん、本当に絵柄変わってきたなあ。まあ絵柄って変わるものですけど。休載挟んで変化したから目立っちゃうんですよね、どうしても。そして以前の方が好きだったから余計気になる…。

 アレン、押しと引きを巧みに使い分けてバクを説得しました。しかしこんな悲壮感丸出しのまま戦場に向かうなんて、こいつもまた残される人間の心にものすごい後味の悪さを残していきますねえ。フォーにされたことの仕返しなのか。
 飛んできたでっかい手はなんなのかな。粒子状のイノセンスと分子が少なくなってるアレンの体がうまいこと合体したとか…。


魔人探偵脳噛ネウロ 第69話 殴【なぐる】
 タイトルを【なぐる】にすることで、ほとんど毎話のように用意されている「ページをめくったらびっくり」効果を読者に予想させ、その上で、意味ありげな動作→何もなし、を繰り返す作者の巧みすぎる焦らしテクニックに感動しました。三度目の正直で出てきた本命のサプライズシーンがいまいち迫力なかったのは残念でしたけど。

 と思ったら大本命はネウロの大暴れシーンだった!ネウロが言う「手を出す」ってのは、脳をいじくったり、体を凶器に変えて攻撃したり、その辺のレベルなんですね。人を壁にめり込むまでぶん投げるのは、ヤコにブロック投げつけるのと同じくらいの軽ーいコミュニケーションってことですね。

 ラスト、ヤコが言ってる「ヒグチさんの推理」というのは「電子ドラッグは犯罪願望をとことん強化する効果がある」ってところかな。確かにそんな曖昧な洗脳じゃなくて、明らかに思い通りに操ってますしねー。
 それにしても、"謎"を解決するのはネウロ、動機を解明するのはヤコ、という役割分担がはっきりしてきたのは何とも頼もしいところ。ヤコの"日付"は、もう十分に変わったと見ていいんじゃないでしょうか。


銀魂 第百二十五訓 かもしれない運転でいけ
 なんつーかもう、今週は非の付け所のない面白さでした。全ページ余すところなく面白かったので感想書く余地がありません。
 松子に関する妄想かもしれない運転は、あれは桂の願望なんでしょうかね。息子の嫁萌え?また絶妙なところを狙ってくるなあ…。


ピューと吹くジャガー 第249笛 クーラーを切って試してみよう!
 僕の住んでるボロアパートにもクーラーが付いてないので、なかなか人ごとではない話でした。さすがに扇風機はあるけどね…。
 それにしてもこの二人は仲がいいなあ…。暑いうえに何もすることがないのにこれだけ盛り上がれるなら、それはそれで幸せなんじゃないですか!

 あれ、そういえばハマーさんはクーラー持ってるんだったよね…?
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/07/23(日) 15:20)

<<劇場アニメ『時をかける少女』感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ32号感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/63-a1a7acd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。