マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 アイシールド21イラスト集
FIELD of COLORS


 アイシールドのイラスト集『FIELD of COLORS』買いました。
 アイシルファンとしてはデフォ買いの一冊だったわけですが(懐事情により買うのは遅れましたが…)、絵を描く人間の端くれとしても買って良かった満足の一冊でした。



 収録内容は、巻頭カラー、センターカラー時のカラー扉、及びジャンプ表紙イラストが中心で、単行本表紙など既にカラーで発表されているものはほとんど載ってません。微妙にそれは残念だけど、まあページ数的にもしょうがないかな。要はそれだけ巻頭、センターカラーが多かったと言うことです。

 村田先生の画力の高さは今更言うまでもない事実ですが、やはりカラーで印象に残るのはその質感表現の巧さ。特に光の表現に対するこだわりは並々ならぬものがあります。このまばゆいまでの輝きの描写が好きなんですよねー。初めて見た時は衝撃を受けたものです。実のところ前回前々回の記事のイラストもだいぶ影響受けちゃってますというかモロに参考にしました(汗)。

 あと画力の進化っぷりがすごい。こうやってまとめられているとそれがよく分かります。
 序盤の方のカラーは割りとラフなものが目立ちますが、連載が進むにつれてめきめきクオリティが上がって行ってます。これは画力の上達という要因ももちろんあるでしょうが、それ以上に作業効率の上昇というのがあるっぽい?明らかに、後半になるにつれて一枚に費やす時間が大変なことになってます。
 こないだの199話のカラー扉なんて4日間もかけて描いたそうですよ。あの大作を4日間で描けるのもすごいけど、単純計算で本編は3日で描いたことに…。まあスケジュール調整をして時間を作ったんだろうけど、なんにせよびっくりの作業スピードであります。

 それと村田先生の各イラストに対するコメント、及び井上雄彦先生との対談。これがなかなか興味深かったです。村田先生の作画に対するスタンスが随所に示されてるんですが、これが先生の漫画、イラストから感じていたことそのままでした。
『余白を残すのが我慢ならずみっちり描き込んでしまう』『絵を描くモチベーションの半分はモノの質感に対するフェチズム』『動いて見えたり、奥行きがあるように見えたり、光って見えたり、紙の上の常識を越えた絵が描きたい』『元々「ウォーリーを探せ!」みたいな絵が描きたかった』『映り込みを描くのが好き』なんかまさにそれ。こういった意欲がびんびん伝わってきますよね。

 そんなわけでして、今後とも素晴らしいイラストが数多く生まれることでしょう。本編の方はそろそろ終盤にさしかかってる感もあるけど、イラスト集第二弾が出るというのなら迷わず買いであります。
スポンサーサイト
漫画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/11/26(日) 01:05)

<<週刊少年ジャンプ51号感想 | ホーム | 先週のお絵かき2枚目>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/86-68d8e8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。