マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ03号感想
 なぜだか土曜日に次の合併号を見つけまして、買ってきたはいいものの前号の感想が書き上がってなかったので読んでません。
 結局月曜になってから読むことになっちゃいました。




週刊少年ジャンプ03号感想
重機人間ユンボル 第1工程 生まれるユンボル
 新連載第三弾。
 タイトルからしても他の新連載作品とは一線を画しており、どんな話になるかも予想もつかなかったので非常に気になってましたが…。

 うーん、なんなんだろう、この読者おいてけぼり感は。

 大工事時代とか工事力とか、直感的に分かりにくい単語が連発され、それらの説明も、ましてや工事をするシーンすら描かれずにいきなり大物(らしい)ボスが出現し、んでまた唐突に謎のキャラが出てきたりして、そんでもって次のページでは5年後…。気付いたら改造されてたり裏切り者に復讐したり謎の女医さんは実はお姫様だったりと、そのあとの展開もてんこ盛りです。数回は読み返さないと場面転換の早さに理解がついていきません。

 まあここら辺は、第一話なのでちょっと気合いを入れすぎちゃったんだろうと好意的に受け止めることも出来ますが、そもそもの話の内容自体が若干期待はずれでした。

 なんて言うか、工事という素材を全然生かしてないんですよね。カラー見開きのドヴォーク重機士団を見た時は、まさに工事のプロ集団って感じで心が躍ったんですが、結局工事のシーンなど一コマたりとも描かれませんでした。今回やっていたことと言えば重機(という名のロボット)で殴り合いしてただけで、これじゃあ重機をモチーフにしたってだけのバトルマンガです。
 少年漫画において重機なんて異質なものをテーマにするんだから、マンガ自体もそのテーマを用いるに値する独創的なものにして欲しいんですよ。

 もちろんこれは第1話だし、今後どんどん特色が出てくるとは思うんですが、やっぱり作品の持ち味みたいなものはまず始めに提示して欲しいなーと思うわけです。


 …とまあ不平不満ばっかりたらたら流しましたが、実のところ新連載3つの中では最も期待してます。作者の気合いは見て取れるし、第1話の伏線の多さからしても秘めたポテンシャルは高そうです。ひとまず20週を頑張って生き残って下さい。


ONE PIECE 第438話 "プライド"
 ウソップ、ごめんなさいして麦わら海賊団に復帰。

 ええええー、こんなあっさり!? いや、面白かったけど…。なんだか今まであまりにも引っ張られたモンだから、このオチが良いのか悪いのか判断しかねました。
 うん、まあ良いオチだったということにしよう。ケンカ振った方が謝って仲直り。少年誌としては何とも分かり易い、あるべき姿ではありませんか。
 雨降って地固まるといいますか、あんなに深刻なケンカをしてもちゃんと元のサヤに戻れるところで、麦わら海賊団の結束の強さを再確認できました。ロビンも戻ってきたし、今後はもうこの様な解団の危機にさらされることはないでしょう。

 普段は何事にも口出しせず、しかも一匹狼だったゾロが、海賊団のあり方について誰よりも真面目に考えてたことは意外でした。感情に左右されず厳しい意見を吐く姿が格好いい。これもまた彼なりのプライドってことでしょうか。
 でもゾロだってルフィと大ゲンカしたことがあったような…。まあアレはルフィの勘違いだったからいいのか。ちゃんと謝ってたし。


アイシールド21 214th down 3人の世界
 パスを三回止められ、キックせざるを得なくなった泥門。
 かなりのキーパーソンだったわりに、復帰後もいまいち目立ってないムサシに初めてスポットが当たりました。

 回想で出てきた「キッカーが頭に置いていい世界は右足とボールだけ」というセリフが、正にその通りの描写となって描かれてますね。
でもこれって、やっぱり仲間が守ってくれてることを信じ切ってやるしかないんじゃないのかなあ。「信じてもいけない」ってのは、たとえラインが破られたとしても動揺せず、ひたすら自分の仕事を完遂しろって意味なのかな。

 そんなわけで泥門の先取点。泥門が先制したのってなんだか久しぶりだなあ。長らくのライバルだし、こんな感じで終始互角に戦って欲しい気もしますが、それはそれで王城の強さが際だちませんからね。うーん難しいところ。


エム×ゼロ M:32 探検終了
 あうあう喘ぎながらルーシーがレベルアップ。うーんやっぱこの作品のエロが一番質が高いな。
 観月も九澄の誠実さに陥落完了。ツンデレもいいけど、あんまり意地張られてもうざったいだけなので、この素直さは評価できますね。ちょっと変わり身早すぎではあるけど。

 そしてついてくるルーシー。かなりキャラが育ってきてたのでこれは嬉しい展開ですね。柊父、エムゼロプレートと続いて、九澄のアドバンテージの一つになりそうです。この展開を見越して第二話くらいのマンドラゴライベントを起こしてたんだとしたらすごいなあ。


ラルΩグラド TALE3 Ready
 出発の前に仲間探し。カゲを封じ込めた牢獄から二人のファーストをゲット!

 …うーん、どうなのこの展開は。
 まあアイアちゃんはいいんですよ、従順そうだし。しかしマレロはなんでこんなにいい奴なんだろう。ラルですらいきなり父親を殺したというのに、恐らくラル以上に長年幽閉されていたことに対して恨みとか無いんでしょうか。まあ良い奴だから、で済ませる以外無いですかね。
 ついでに言うと、今週はマレロとのバトルが主だった割りに、結局彼は置いてっちゃうから今後出てこないわけですよね。なんだか無駄が多いなあ…。まあ城の護衛ってのは確かに必要だろうけども。

 それはそうと、マレロとの戦いにおけるラルの企み及びその説明ゼリフに、かなりの大場つぐみっぽさを感じました。ラルの父親殺し事件とか、そういった過去の事件やそれに対する人々の心の動きなんかを完全に無視するストーリー作りもデスノっぽい。やっぱり原作者の正体はそうなのか。

 しかし今度は13歳に裸エプロンを装着させるとは…。これはもうあざといなんてもんじゃなくて一種の冒険ですよ。ロリのエロを描くことはやっぱりタブー視されていて、普通はそんな狙ったシーンがあるにしても控えめに、作者自身は気付いてもないかのように描くものですが、この作品の場合「ロリコンだし」とぶっちゃけちゃってますからね。なんつーか…凄いなあ。


BLEACH 256.Infinite Slick
 やー、今週は面白かった!ペッシェのキャラが秀逸ですね。彼に引っ張り回されて雨竜がどんどん活き活きしてく様子が楽しい。あまりのキャラの濃さにチルッチちゃんが食われちゃったのがちょっと残念だけど。彼女ももっと弄って欲しかったなあ。
 隙無く面白かったので逆に感想書く余地がありません。


テニスの王子様 Genius328 本家
 なんだなんだなんだ~!一体どうしたんだこのテンションは!
 今までもボールにふきとばされて吐血とかはあったけど、ここまでバトル漫画化したのは流石に初めてな気がする。
 1試合1回しか使えない技を3回も!?ムチャだ!とか強き力を持ったものは云々…とか、ここらへんどう見てもバトル漫画のセリフ。いやーこの悪ノリ感が面白いなあ。この漫画もそろそろインフレが限界に近づいてると思うので、連載が終わる前にやるだけやっちゃって下さい。


魔人探偵脳噛ネウロ 第90話 0【-】
 全てを語り、ヤコに自らの消去を強要する電人HAL。存在が消えゆく刹那の瞬間、彼が見たものは…。

 ああ、なんて綺麗にまとめるんだろう。話としても感動したし、その演出手腕、まとめ方の美しさにも震えた。

 春川の目的は『新たな刹那を構築する』こと。失ってしまった想い人に似た造り物を作るってのはお話の中ではよくあることですが、彼の場合はレベルが違いました。『似た』ではなく、正に『本物』の彼女を作ろうとしてたわけですね。
 そんなことは正にシェークスピアの例えのように、『確率としては存在しても、実際に観測することはあり得ない事象』なわけで、それでももし彼女が再構築できたとしたら、何者かの意志が介在した奇跡としか言いようがないわけで。それなら確かに『造る』というよりは『会いに行く』という表現が正しいような気がします。

 HALが実は自らの行為を止めて欲しがっていたというのはオチとしては安易なんですが、そのオチに十分な説得力を持たせるほど、彼の虚しさという物をこのたった2話で描いてしまっているから凄い。

 HALの消去から『刹那』の単位に持っていき、そしてそれが彼女自身にも繋がる。こうやって言葉にしてしまうと陳腐ですが、この演出には本当に痺れました。0と1、刹那というキーワードを、よくもまあこんなに美しく演出に織り込めるなあ。このラストシーンから今回の話を考えたんじゃないかと思うくらい、全てが集約された終わり方でした。

 ラストのネウロとヤコの会話も綺麗にまとまってます。ネウロにとって『分からない』ことでヤコが泣いているから、むしろそれがいいことなわけですね。そしてそれこそが『日付が変わる』ことなわけです。うーんなんて無駄のない会話運び。

 なんかもう今週の感想は手放しでベタ褒めですが、まあしょうがありません。長かったHAL編のラストにふさわしい最高の一話だったと思います。しかし抜け目なく伏線も残していきました。

 刹那の病気は人為的なものだった可能性があるとのこと。考えすぎだろう、なんて一蹴されてるけど、まず漫画としては意味のある発言でしょう。
 脳をいじくると言えばネウロの得意分野。しかし最近地上に上がってきたネウロが犯人なワケはありません。ここで気になるのが、対ヒグチ戦で出した魔帝7ツ道具。あの時なんだか他の魔人の存在をにおわす様なことを言ってました。
 というわけでそろそろ第2の魔人とかが出てきてもいい頃。ネウロもパワーアップしたし、ヤコも一皮むけたし、二人で悪の魔人を撃退!なんて展開も悪くないんじゃないでしょうか。あーでも対魔人戦にヤコが活躍するとは思えないな…。

スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/25(月) 03:45)

<<謹賀新年 | ホーム | 風来のシレンDS プレイ日記①>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/95-30fc0a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。