マンガ、ゲームの感想や、時たまイラストなどを公開しています。
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

プロフィール

機織

管理人:機織
ハマリ中:SAIでお絵かき
プレイ中:シレン3
デュアルディスプレイになりました

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

当ブログについて
  >> ホーム
  >> RSS1.0
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 週刊少年ジャンプ09号感想
気付けばこのブログももうすぐ一周年ですね。早いものだ…。
いいかげんデザイン変えたりとか色々してみたいとこだけど、まとまった時間が取れるかがちょっと怪しい。まとまった時間が取れても実際に改装するかはもっと怪しい。

さてジャンプ感想です。あといくつか取り上げたい作品があるけどまだ書いてません。あとで追記します。多分。
※2/5感想5作品追加しました。



銀魂 第百五十訓 2度あることは3度ある
 三周年記念の巻頭カラーでブリーチパロ!なかなか思いがけないことをやってくれます。斬魄刀の中の人って普段なにやってんの?という素朴な疑問が明かされたような明かされないような。

 洞爺湖の友達いない子が頑張って誕生会開いてみた的ノリがそれっぽすぎる。母ちゃんが出てきた辺りでもう撃沈。いやーよくもまあこんな方向に話を展開できるものだと感服いたしました。


ONE PIECE 第442話 "魔の海の冒険"
 話はうってかわって、麦わら海賊団の平和な冒険譚に。こうなるだろうとは思っていました。エースの生死が知れるのはいつになることやら。

 しかし冒険パートは冒険パートで面白い。サウザンドサニー号のびっくり機能紹介を交えながら航海を進めていく様子がなんとも楽しそう。この新しいおもちゃを手に入れた時のようなわくわく感の描写が上手いんだよなあ。

 そんで魔の三角領域で幽霊船に出会って紳士なガイコツに出会って海賊団に加入決定。…って早ッ!2ページ見開きでドン!とやっちゃった以上本気か?今のままでも十分不死身な海賊団に遂に本物の不死身キャラが!でも仲間集めをひたすら丁寧に描くこの作品ですから、そう一筋縄ではいかないでしょう。うーん気になります。

 「見せるかっ!」といいつつミニスカでハイキックをするナミはサービス精神旺盛ですね。アップにした髪型が似合ってました。


家庭教師ヒットマンREBORN! 標的130 改
 死ぬ気の炎のマイナスの極地って何なんだろうかとか考え出すとよく分からないけど、バトル漫画として純粋にカッコいいのは確か。覚醒ツナの決めぜりふ、「死んでも死にきれねえ」という精神性の極地なんだろうか。あとこの技って、対死ぬ気の炎にしか役に立たないことになりますよね。今後活躍するのかな…。拡張性は高そうだけども。


NARUTO ナンバー339:新術…!!
 結局飛段が不死身な理由は明かされず終いですか。ジャシン教とかも名前が出てきただけだったし、今後それと合わせて語られたりするのかな。
 でもなあ、いくら不死身だからといってこんな負の遺産を後世に残すようなマネはいかがなものか。少なくとも頭を潰すとか焼却するとか、いろいろ試してみてからでも遅くはないような。倫理的にいろいろ問題があったのかも知れないけど、展開としては明らかに不自然。

 角都サイドでは、ナルトが遂に新術披露。確かに凄い威力を秘めてそう。手裏剣の名が付くということは遠隔攻撃も可能になったのかな。強そうなんだけど、相変わらずのカカシ先生のナルトびいきがやっぱり鼻につく。ナルトが成長していってるのは分かるけど、「その背中に火影の面影を見た!」なんて描写が見合うほどではないんだよなあ。精神の成長が伴ってないし。こういう描写はなんだか逆効果だと思いますよ。


エム×ゼロ M:36 クラスマッチ①
 遂にクラスマッチ開始。ルールが細かく決まってるのが何ともわくわくしますね。いろいろな駆け引きバトルが見られそう。しかしこのルールだとアタッカーの重要性が高すぎるよなあ。アタッカーが全滅した時点で、そのときの点数にもよるけどほぼ負け決定と思ってよさそう。あーでも、スパイを倒させて相手の点数を削るとか、守備に徹して時間切れを狙うとか方法はあるのか。こうやって想像を色々巡らせられるのがいいね。

 敵を倒す=ペイントボールを割る、ということで、遠隔自動型のスタンドを持っているに等しい九澄にとっては有利なことこの上ないルール。なんだか弱気になってたけど、得意のハッタリと肉体能力を駆使すればまさに敵なしです。いやーわくわくしてきましたぞ。

 VIPキャラクターは設定点の3倍の点数ってことは、スパイの九澄が敵アタッカーに倒されたら-18点てことですかね。敵としては逆に狙いにくいような…。


アイシールド21 218th down 進 清十郎
 努力をしすぎるが故に人から遠ざけられた男と、努力を強いすぎるが故に人から疎まれた男同士の絆。

 これまで、セナをライバル視しているということ以外にそのキャラクター性が語られることのなかった進ですが、今回意外な方面での想いが語られました。
 進はもともと努力家だったっぽいけど、初めて師と呼べる人物に出会い、更に全力でその期待に応えようとする。うーん、相変わらずキャラクターの使い方が抜群に上手い。
 セナへのライバル意識、つまりは自分の力への誇りは、そのままショーグンへの誇りに繋がってたってことなのかな。

 そんなわけで第1戦は進の完勝、セナの完敗。それでもやけに嬉しそうなヒル魔からは、セナの成長する力への信頼が見て取れますね。進はまるで全ての決着がついたみたいな言い方をしてるけど、彼自身これで終わりだとは思っていないでしょう。さて、神龍寺戦並みに絶望的な出だしだけど、どう展開していくことでしょうか。


魔人探偵脳噛ネウロ 第94話 机【おんな】
 池谷はどうやら犯人ではないようで安心。今週余裕がなくなってきてからはどんどん好感の持てるキャラクターになってきてたし。
 今のところ大塚も犯人である可能性があるって程度に留まってるので、絵石家家の事件の時のように犯人であるということを証明するような言動を引き出させて逮捕するという手順になるのかな。

 池谷が家具に施すという仕掛けが洒落てて良いですね。でもあんな仕掛け、何十年使ってても気付かない時には気付かないと思う…。あと今週のネウロが多用していたプレイ、耳に指突っ込みは何か意味があるのか気になるところ。


ラルΩグラド TALE7 Weakness
 炎に弱い、というシンプルなオチに持っていくまでずいぶん引っ張ったなあ。
 でもこの、バトルにおいて常に駆け引きを描く作風はいいですね。色々と得体の知れない作品だったから評価しづらかったけど、ジョジョ風頭脳バトル漫画というか、まさにデスノをそのままバトル漫画化したような作品だと思っていいのかな。それなら楽しく読めそうであります。

 ネームはやっぱり多すぎるけど。もうちょっと整理できないものかなーとは思います。あとやたらと助詞を省略しまくる文体が馴染めないなあ。
 あーそれと、決めゴマの使い方もなんだか間違ってる気がします。完全に個人的な印象だけど、今週のラストも、『炎を吐くラル』よりも『砕け散るテッサリア』を大きく描いた方が爽快感があると思うんですよね。ちっさなコマで爆煙だけ描かれても、敵を倒したって実感はあんまり得られません。
 あれ?なんだか文句ばっかりになってるぞ?今週の話が面白かったのは確かです。


重機人間ユンボル 第5工程 「ツメシオにて…」
 人型ロボット出たー!なんだか永野護風のデザイン。アースムーバーという名前もカッコいい。
 そしてそれ以上にカッコいいのが元ニート、ニッパ。こういうヘタレカッコいいキャラはいいなあ。応援したくなるぜ。

 しかし最新鋭EMとユンボル、一体どっちが強いんだろう。敵の強そうな奴を一握り出来ちゃう強さはあるみたいだけど、不意打ちだったからなあ。EM > ユンボルだったら今後の戦いロボットメインになっちゃって主人公の出番がない。かといってせっかくジャンプではなかなかお目にかかれない人型ロボットが出てきたんだから、ザクのようにユンボル共にばっさばっさなぎ倒されていくのも見たくない。ジャンプでロボットを見ない理由が分かったような気がします。

 何にしろこのままだとバルの出番がどんどんなくなってしまう。早く工法をマスターしないと!


テニスの王子様 Genius332 お膳立て
 息子のわりと不名誉な勝利を見て大喜びの父親。空気読めてるなあ。確かに一見不名誉だけど、彼らはいかに相手を戦闘不能にするか、そういう土俵で男と男の戦いをしていたわけで、それに打ち勝ったタカさんは十分褒められてしかるべきだと思います。…と許斐先生は言いたいんだと思います。

 そして試合の命運を分けるダブルスですが、これまたひどい展開に!何というか…これはありなのか?アリなんだろうけども。しかし乾まで下がる理由がわかんないな…。タカさんの重傷を見て怖じ気づいたのかも知れません。無理からぬことです。


To LOVEる トラブル37 プリンセスVS暗殺者
 そんなにパンチラを気にするなら暗殺?時にスカートなんか履くなよ、と突っ込みたい。
 でもこの強気でありながら恥じらう姿は確かに可愛い。春菜ララ共々食われそう。


P2! STEP17 "破王"出陣
 山雀先輩が一挙萌えキャラに!やっぱツンデレは男に限る。

 そっか、アキラは川末先輩の関係者だったっけ。じゃあ当然妹だよね!メインキャラの妹なら今後ともヒロムと絡む可能性はぐんとアップしますね。このカップルはそこはかとなくエロいのでぜひ成就して欲しいところ。
 …そういや乙女ちゃんはどこ行った?
スポンサーサイト
WJ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/04(日) 16:25)

<<週間少年ジャンプ10・11号感想 | ホーム | 週刊少年ジャンプ08号感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ameshiko.blog52.fc2.com/tb.php/98-c8484e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 雨入り思考 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。